最速で稼げる判定時間30秒取引のトレード手法を紹介

バイナリーオプションの必勝法はルールを決めた制裁トレード

現在バイナリーオプションでトレードしている方のほとんどが、判定時間を1分から判定時間5分といった分単位でエントリーしている方がほとんどなのではないだろうか。

しかし、実際に取引するバイナリーオプションの取引業者によっては、判定時間を最短30秒に設定してエントリーを行うことも可能だ。

あまりバイナリーオプションで判定時間を30秒にしてエントリーしているトレーダーは多くないが、判定時間が30秒だからこそ存在するメリットもあるので、判定時間30秒のトレード手法を実践してみる価値も十分にある。

そこで今回の記事では、バイナリーオプションにおける判定時間30秒というところにフォーカスを当てて、30秒取引とは一体どういうものなのかメリットとデメリットの紹介や、実際に30秒取引を行う際におすすめのトレード手法を紹介させて頂こう。

是非この記事を参考にして頂いて、バイナリーオプションで短期間かつ大きく稼いでいきたいというトレーダーの方は、実際のバイナリーオプションで活用して頂けると幸いだ。

バイナリーオプションの30秒取引とは?

RSIインジケーター

バイナリーオプションにおける30秒取引とは、その名の通りだがエントリー後の判定時間を30秒後に設定して行うエントリー手法のことを指している。

国内のバイナリーオプション取引業者では、法によって判定時間が一定に設定されているので国内のバイナリーオプション取引業者を使っている方は選択することができないが、海外のバイナリーオプション取引業者ではこの判定時間を任意の時間で設定してエントリーすることが可能だ。

バイナリーオプションの判定時間については、恐らく世界中どこの取引業者を探しても30秒が最短の判定時間だろう。

しかし冒頭でも少し触れた通り、実際にエントリー後の判定時間を30秒でバイナリーオプションのエントリーを行っているトレーダーは少なく、1分や3分、5分といった分単位で判定時間を設定しているトレーダーが多い。

なぜ判定時間を30秒に設定してエントリーしているトレーダーが少ないのかと言うと、判定時間を30秒にすることで生じるメリットに対してデメリットが釣り合っていないとトレーダーから判断されることが多いからだ。

判定時間を30秒に設定したトレード手法を紹介する前に、30秒に設定してエントリーするメリットとデメリットを紹介させて頂こう。

バイナリーオプションでトレードする上では、これらのメリットとデメリットを必ず抑えて自分自身にあったトレード手法を確立することが重要だ。

バイナリーオプションの30秒取引をするメリット

まず初めに、バイナリーオプションを判定時間30秒で行うことで生じるメリットについて解説させて頂こう。

今回の記事で紹介させて頂く判定時間30秒エントリーのメリットは、大きく分けて3つのメリットに分けることができると考えている。

メリットの面については、バイナリーオプションのトレーダーごとに狙いや考えもあるので一概には言えないかもしれないが、ある程度共通で考えられるメリットとしてとらえて頂けると幸いだ。

ペイアウト倍率が高いことが多い

バイナリーオプションの取引業者によっては任意の判定時間を設定できると解説させて頂いたが、バイナリーオプションでは基本的に判定時間によって予想が的中した時のペイアウト倍率が異なるようになっていることがほとんどだ。

利用しているバイナリーオプションの取引業者によって異なることはあるが、判定時間が短ければ短いほどペイアウト倍率が高く設定されていることがほとんどだ。

海外のバイナリーオプション取引業者を利用する場合、判定時間が30秒であればペイアウト倍率が2倍に近い倍率になり、仮に1分だと1.8倍や1.9倍、3分だと1.6倍や1.7倍というようにペイアウト倍率が設定されている。

なので、バイナリーオプションの1回ごとの利益を増やしたい方であれば、30秒や1分といった判定時間でエントリーを行うことは非常に有効なトレード手法だ。

トレード手法によっては時間がちょうどいい

バイナリーオプションのエントリー手法は、相場の方向が転換する時の跳ね返りを狙う逆張りトレード手法が圧倒的に多い。

このように為替相場が反発するタイミングを狙うトレード手法をするのであれば、価格変動してからすぐに判定時間がくる短い判定時間でエントリーした方が有効なときもある。

バイナリーオプションでは一時的には思うように反発したが、再び価格変動が始まって価格が戻ってくるように思ったような結果が得られないことも多々ある。

このようにどのようにしてエントリーしていきたいのかや、どれくらいの値幅を取って勝ちたいのかによっては、判定時間を30秒に設定した方が丁度いい場合もあるだろう。

すぐにエントリーの結果がわかる

エントリーしてからすぐ結果がわかるという点も判定時間を30秒に設定することによって生じるメリットの1つだ。

バイナリーオプションでは、急な価格変動のリスクもあるのでエントリーを入れてから為替相場に対して目を離すトレーダーはほとんど存在しない。

仮に3分や5分の判定時間でバイナリーオプションの取引をしている方は、エントリーを入れているこの3分から5分間は相場から目を離さないため、パソコンやスマートフォンを監視しておかないといけない状況になるはずだ。

少額の資産でバイナリーオプションのトレードをしている方ならまだしも、1回のエントリーで何万円単位でエントリーしている方はエントリー中の集中力や緊張を擁することになる。

受け取り方に個人差はあるかもしれないが、判定時間30秒ではエントリー中の転売や利確も効かない一発勝負になるので、何分間も緊張感を持つわけではなくすぐに結果がわかることが大きなメリットだ。

30秒取引をするデメリット

判定時間30秒のエントリーで生じるメリットについて解説させて頂いたところで、逆に判定時間30秒によって生じるデメリットも紹介させて頂こう。

ハッキリと言ってしまうと、判定時間30秒でエントリーすることは一般的な判定時間である1分や3分と比べると圧倒的にデメリットの方が多い。

判定時間30秒エントリーはまさにハイリスクハイリターンの判定時間ということができるので、極力これらのデメリットを軽減できるかどうかが判定時間30秒でエントリーを行う際には重要なことだ。

ノイズに巻き込まれやすく予想の精度が下がる

判定時間を30秒でエントリーしようと考えている方に真っ先にお伝えしたいことは、判定時間30秒のエントリー手法で80%や90%の勝率を出し続けることはかなり現実的でないということだ。

先ほど紹介した判定時間30秒によるメリットの部分でお伝えさせて頂いたが、バイナリーオプションは基本的に判定時間が短ければ短いほどペイアウト倍率が高くなるという仕様になっている。

ペイアウト倍率が高いことは紛れもない判定時間30秒エントリーのメリットだが、裏を返せばエントリー予想的中の難易度が高いからペイアウト倍率が高く設定されていると捉えることも可能だ。

実際に判定時間30秒でエントリーした時に、エントリーしてすぐに大きく予想通りに動いてくれれば問題ないのだが実際にそこまで上手くいくエントリーをすることは極めて難しい。

バイナリーオプションやFX等で「ノイズ」と呼ばれているイレギュラーな価格変動が起こってしまった場合、判定時間30秒でエントリーしていた場合、残り数秒で勝てる状況から一気に損失に持っていかれてしまう可能性も十分にある。

なので、判定時間30秒エントリーの場合は高水準の予想をし続けるということは難しく、手堅く手堅く勝率をあげていきたい方には判定時間30秒でエントリーを行うことは不向きだ。

損切りや利確をすることができない

バイナリーオプションの取引業者によってはエントリー中であっても、その時点での為替レートに応じた評価額と購入オプションを交換できる「転売」という機能がある。

購入オプションを転売することで、FX等で聞き馴染みがあるその時点で利益を確定する利確や、損失を抑えるための損切りをバイナリーオプションでもすることが可能だ。

しかし、転売は判定時間1分前や30秒前は転売できなくなっている仕様のことが多く、判定時間を30秒にしているとそもそも転売という選択肢が必然的になくなる。

なので、エントリーを入れた後は勝つか負けるかの2択であり、どんなに予想と反した動きになってしまったりエントリーミスがあっても取り消すことができない。

手堅く利益を追い求めているトレーダーほど負けそうな時は損切りをして損失を抑えたり、勝っている状態だが負けに転びそうな時に利確するなど、転売を上手く使いこなしているトレーダーが多い。

一方、判定時間を30秒にしてエントリーする場合はこれらの選択肢が端からなくなるので、単純な1回ごとのエントリーに対する勝率を上げることが最も重要になる。

30秒よりも長い判定時間でエントリーしているトレーダーに対しては、このように転売いう選択肢がなくなることがかなりのディスアドバンテージになるので要注意だ。

超短期取引は参加者が少ない

当たり前のことではあるが、為替相場の価格が変動する要因はバイナリーオプションだけで変動しているのではなく、各国の経済状況だったり投資家の心理など様々な要因で為替相場は変動する。

バイナリーオプションも少なからず影響力を持っているが、市場心理がそのまま為替相場の変動に直接大きな影響を与えるのがFXトレーダーだ。

FXトレーダーは世界中至るところに存在していて、バイナリーオプショントレーダーよりも圧倒的にFXトレーダーの方が人口が多い。

バイナリーオプションのトレーダーは1分足、3分足、5分足など人によって様々な時間足のチャートを分析しているが、FXトレーダーの大半がそのような短期の時間足を一番に見ることは少なく、何時間単位だったり日足でチャート分析を行っている。

なので、テクニカル分析の精度自体は相場への参加者が多い長期のチャート分析の方が安定しやすく、今回の判定時間30秒の超短期取引となってくると更に分析が難しくなってくるだろう。

判定時間30秒で稼げるトレード手法を解説

ここまでこの記事では判定時間30秒取引をすることによって生じるメリットとデメリットをそれぞれ紹介させて頂いた。

判定時間30秒でバイナリーオプションのエントリーを行うことは、難易度が高くデメリットも少なからず存在しているが、とにかく早く稼げてペイアウト倍率が高いことが魅力的だ。

実際にバイナリーオプションを30秒や1分といった超短期取引をしている方も多いので、一度は試してみる価値のあるトレード手法なのではないかと思う。

それでは実際にエントリーするまでに必要な準備から、実際に判定時間30秒でエントリーする際のトレード手法まで詳しく解説させて頂くとしよう。

チャートで表示するローソク足を30秒足に変更する

今回の判定時間30秒のトレード手法をお伝えする前に、テクニカル分析するために必要なチャートツールも30秒仕様に変更しておく必要がある。

インジケーターの導入や細かい設定なども当然必要になるが、まず最初に手を付けておきたことがローソク足の時間足変更だ。

ローソク足の時間足は、通常のチャート分析ツールの場合だと最短でも1分足だったり2分足であることが多く、デフォルト状態では30秒足という時間足が選択できないチャート分析ツールの方が多い。

しかし、バイナリーオプションで判定時間を30秒にしてエントリーするのであれば、ローソク足の時間足も同じく30秒に合わせておくことが必要不可欠だ。

そこで、まず先にチャート分析ツールでローソク足の長さを30秒に変更する方法からお伝えさせて頂こう。

今回の記事では、バイナリーオプションのトレーダー間でも最も使用率の高い、「MetaTrader」というチャート分析ツールを使った例で紹介させて頂く。

他のチャート分析ツールの場合では、ローソク足の時間足を変える方法が違う場合があったり、そもそもローソク足を30秒足に変更できない可能性があるので要注意だ。

MetaTraderには元々30秒足は搭載されていないので、まずは導入に必要なファイルを事前に用意しておく必要がある。

実際に利用しているMetaTraderのバージョンや用途によって必要なファイルが異なるので、この記事でどのファイルを用意しておけばいいのかは明言できない。

MQL5プログラムマーケットMQL5プログラムマーケット

こちらのサイトで今回の30秒足のような拡張機能を無料でダウンロードできるので、自分自身に必要な拡張ファイルを事前に用意しておこう。

ファイルの用意が出来たら、MetaTrader画面上部の「ファイル」タブから「データフォルダを開く」という箇所を展開する。

すると、MetaTraderのルートが表示されるので「/profiles」と「/MQL4/Indicators」にダウンロードした拡張ファイルを移動する。

※ファイルを移動する場所の詳細については各ファイルによるので要注意

ファイルの配置ができたら「表示」タブからナビケーターを選択し、「指標」というフォルダの中に導入したファイル名があるので、これを適用したいチャート上に引っ張ってくれば設定は完了だ。

後は、時間(期間)を今回のトレード手法であれば「30」に合わせてローソク足の時間設定は以上となる。

今回のトレード手法で使うインジケーターの紹介

チャート分析ツール上にローソク足の準備ができたところで、続いては実際にテクニカル分析を行う時の柱となるインジケーターを設定していこう。

今回のトレード手法で採用しているインジケーターは、他のトレード手法で採用されることの少ない比較的珍しいインジケーターだ。

それぞれのインジケーターについて聞き馴染みのない方も多いと思うので、どのような役割を担っているインジケーターなのか、実際にチャート分析ツールへ導入するまでの方法など詳しく解説していきたいと思う。

アリゲーター

Alligator(アリゲーター)とはワニの1種の名前であり、インジケーター自体がワニの形に似ていることからそのままアリゲーターという名前が採用されている。

主に異なる時系列で形成された3本の移動平均線から構成されていて、3本が同じ方向を向くとまるで口の開いたワニのように見え、ワニが口を開いたらトレンドが発生していることを確認できるトレンド系のインジケーターだ。

これらの3本の移動平均線は上から「ジョーズ」、「ティース」、「リップス」とワニに因んだ名前が付けれれている。

MetaTrader上にアリゲーターを表示すると、上記の画像のような3本の移動平均線で形成されたアリゲーターが確認できるはずだ。

アリゲーターを導入する際は、MetaTrader画面上部の「挿入」タブからインジケーターを選択し、「ビル・ウィリアムス系」の中に入っている「Alligator」を選択する。

するとアリゲーターのパラメーターやカラーの設定ウィンドウが展開されるのでここは特にいじらずにOKを押す。

OKを押すことで見本の画像のように、3本の移動平均線で形成されたアリゲーターが導入されていることを確認できるはずだ。

アリゲーターが問題なく挿入されていることを確認できれば、アリゲーターをチャート分析ツールに導入する作業は以上となる。

フラクタル

フラクタルとは、ローソク足を比較した時にわかる高値安値をアイコンで表示し、トレンド発生の起点やタイミングを知らせてくれるインジケーターだ。

実はこのフラクタルというインジケーターは先ほど紹介させて頂いたアリゲーターと同様に、アメリカのビル・ウィリアムズ博士によって開発されたインジケーターである。

MetaTrader内でも「ビル・ウィリアムズ系」と分類されるほど、ユニークなインジケーターを様々作った実績を持っているトレーダーの間では有名な博士だ。

フラクタルが担う役割はいたってシンプルで、直近5本のローソク足を比較して中間である3本目の高値が一番高い場合に正三角形のアイコンが表示され、逆に3本目のローソク足の安値が一番小さい時に逆三角形のアイコンが表示されるようになっている。

インジケーターの中では珍しい後から遅れてサインを出してくるインジケーターなので、フラクタルが主軸で使われることはほとんどなく、トレンドが発生するサインの補助だったり、高値安値のマーキングをするインジケーターとして使われることが一般的だ。

MetaTrader上にフラクタルの導入が完了すると、上記の画像のようなローソク足上に三角形のアイコンが表示されていることが確認できるはずだ。

フラクタルを導入するためには、まずMetaTrader画面上部の「挿入」タブからインジケーターを選択し、アリゲーターと同様に「ビル・ウィリアムズ系」の中にある「Fractal」を選択する。

するとフラクタルの詳細設定ウィンドウが開かれるのだが、フラクタルで変更できるところはインジケーターの色だけなので任意の色に設定したらOKを押して頂ければ問題ない。

OKを押して頂いた後に、上記の画像と同様にローソク足の上に三角形のアイコンが表示されていることが確認できればフラクタルの導入が完了だ。

エントリーポイントを解説

チャート分析ツール上にインジケーターの設定が完了したら、早速判定時間30秒で使えるトレード手法を紹介させて頂きたいと思う。

今回のトレード手法のコンセプトは、アリゲーターでトレンドの流れを掴み、フラクタルでエントリーポイントを決めるトレンド順張り手法だ。

超短期取引をバイナリーオプションでしている方だと、大半の方が価格の反発を狙った逆張りトレード手法でエントリーを行っているのではないだろうか。

確かにバイナリーオプションの王道手法であることは変わりないが、イレギュラーな流れに弱い30秒取引では逆張りはあまりにもリスクが高すぎる。

超短期取引の場合こそ順張りでエントリーした方が成果が出たので、今回紹介させて頂いているトレード手法の確立に至ったのだ。

今回のトレード手法のエントリー条件は以下の通りだ。

1.陰線/陽線が3回連続で続いていること
2.前回のフラクタルがエントリー方向と反対
3.前々回のフラクタルがエントリー方向
4.3本アリゲーターよりも上or下で価格が推移している

これらの条件に当てはまる代表的な例が、上記の画像で赤いラインを引いたポイントである。

まずエントリーポイントの1.についてだが、赤いラインを引いた箇所以前のローソク足が3つ続いて陽線で終わっていることが確認できる。

続いて2.のエントリーポイントだが、前回のフラクタルがエントリー方向と反対ということで、エントリーしたい方向が順張りの上に対して前回のフラクタルが下向きを示しているので問題ない。

同様に3.のエントリーポイントも、前々回のフラクタルが上向きの三角形のアイコンが表示されているので条件を問題なく満たしている。

最後に4.のエントリーポイントだが、これはアリゲーターにローソク足が重なっていないかを確認して頂きたく、完全にローソク足が突き抜けていることさえ確認できれば問題ない。

以上の4つの条件が今回のトレード手法では必須のエントリー条件だ。

4つのエントリー条件があると見分けが難しいように感じるが、どれも瞬時に判断することができる簡単なサインなので心配することはないだろう。

逆に、どれか1つでも条件が欠けているとかなり精度が落ちてしまうので、このトレード手法を実践する際は必ず全ての条件を満たしたことを確認した上でエントリーすることが重要だ。

まとめ

今回の記事では、判定時間30秒のエントリーで稼ぐことが期待できるトレード手法について解説させて頂いた。

超短期取引はバイナリーオプションにおいてかなり難しく、為替相場に対して確実な分析能力や素早い判断が求められる。

しかし、トレード手法が上手く確立できた時のリターンが大きいので、バイナリーオプションでトレードしている方は是非一度試して頂きたいトレード手法の1つだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)