テクニカル分析はインジケーターだけではない!分析の精度をあげるには?

テクニカル分析はインジケーターだけではない!分析の精度をあげるには?

 
バイナリーオプションでトレードするにあたって、チャートツールを使ってテクニカル分析をしてエントリーポイントを探すことが一般的である。

インジケーターを使って分析をすることは勿論重要だが、テクニカル分析は決してインジケーターを使った分析だけが全てではない。

今回の記事では、インジケーターを使ったテクニカル分析以外に、エントリーの精度を高めることができることができる手法をお伝えする。

インジケーターを使ったテクニカル分析に、プラスアルファ付け加えることができる手法を紹介させて頂くので、バイナリーオプションの成績で伸び悩んでいる方は参考にして頂けると幸いだ。

バイナリーオプションのテクニカル分析とは?

バイナリーオプションで勝てるトレードをするためには、より正確で勝率の高いエントリーポイントを知るために、チャートアプリを使ったテクニカル分析をすることは欠かさない分析方法だ。

このようにチャートアプリを使ってエントリーポイントを探す分析方法をテクニカル分析と言い、バイナリーオプションのトレーダーであれば誰もが実践している方法だろう。

テクニカル分析とはチャートアプリのインジケーターと呼ばれている分析指標と使って、トレードする前に決めていたインジケーターが特定の条件を満たした時にエントリーを行う手法のことだ。

このようにインジケーターを使ったテクニカル分析をすることで、バイナリーオプションのエントリーをインジケーターによるハッキリとしたデータの裏付けを元に、精度の高いエントリーを継続することができる。

バイナリーオプションで安定して結果を残していきたいのであれば、チャートアプリを使ってより正確にエントリーができる、テクニカル分析をすることはバイナリーオプションのトレーダーにとって必要不可欠なスキルだ。

テクニカル分析は確実だがこれだけでは勝てない

バイナリーオプションのトレーダーにとって、テクニカル分析をすることは基本中の基本でトレードの精度を上げることができると解説をしたが、テクニカル分析だけを信じ切ってトレードをするだけでは安定した勝率にはほど遠い。

一見すると、テクニカル分析で正確な分析が出来ているように感じるが、この分析結果だけを信じ切ってトレードをしてしまうと意外なところで落とし穴にはまってしまう。

その意外な落とし穴というのは、テクニカル分析で使用するインジケーターの計算方法の特性にある。

代表的なインジケーターである「RSI」

例として、代表的なインジケーターである「RSI」の数値を見ながら、その落とし穴についてを解説させて頂こう。

RSIは一定期間の通貨ペアの価格変動幅と、現在の為替レートを比較して今現在の通貨を買われすぎなのか、それとも売られすぎなのかを数値で分析するインジケーターだ。

為替レートの市場心理を知るうえで使いやすいインジケーターで、多くのトレーダーが愛用している。

しかし、過去の一定期間と現在の値動き幅を比較して数値を割り出すという性質上、状況次第ではRSIの数値を鵜呑みにしてはいけない状況も発生するのだ。

今回出しているRSIの例では、過去の一定期間と現在の為替レート幅から数値を算出しているので、「現在の為替レートが急激に動いている場合」や「過去の一定期間中に急激に為替レートが動いている場合」にはこの数値は正しい分析を出すことができない。

当然と言えば当然の話ではあるが、現在通貨の変動幅が激しくなるようなトレンドが発生していることを知っているか、過去のトレンドについてを知らないで数値だけを鵜呑みにしてトレードするとトレードの精度は下がってしまう。

インジケーターの例としてRSIを出したが、その他のインジケーターの場合でも過去の数値との比較でインジケーター数値を割り出しているインジケーターも多いので、インジケーターの仕組みを理解したうえで為替相場を見ることが重要だ。

分析の精度を上げる方法を紹介

バイナリーオプションにおけるテクニカル分析について意外な落とし穴があることを解説させて頂いたが、テクニカル分析がバイナリーオプションの主軸となる分析方法であり、チャートアプリを使ったテクニカル分析が勝敗を左右することに変わりはない。

バイナリーオプションのエントリー精度を上げていくためには、テクニカル分析を使ったトレード手法を中心に据えて、いかにチャートのダマシを回避して確実なエントリー手法を継続していけるかが重要である。

今回の記事では、テクニカル分析を主軸としたトレード手法を助ける働きをし、よりエントリーの精度を上げていくことが期待できる方法を紹介させて頂こう。

ファンダメンタル分析を行う

ファンダメンタル分析は、バイナリーオプションのみならずFXや株式投資などにも使われることの多い、テクニカル分析と並ぶ代表的な分析手法の1つだ。

各国の景気状態や経済状況の変化など、為替レートの価格変動に影響を与える要因を分析して、通貨の価格にどのような変化を与えるのかを分析する手法をファンダメンタル分析と呼ばれている。

代表的な例では、失業率や雇用統計の発表などの定期的に各国が行っている経済指標発表や、各国首相や経済担当などの要人が会見で発言をする要人発言などが代表的なファンダメンタル分析の要因だ。

このような経済要因は為替レートの変動に大きな影響を与え、市場心理に変化を与えて為替レートに激しいトレンドを発生させることがあるので、バイナリーオプションのトレードをする時でも平行してファンダメンタル分析を行うことは重要である。

バイナリーオプションのトレードは数分単位の時間でトレードをするので、トレンド相場を狙ったトレードはあまり有効的ではない。

ファンダメンタル要因を知っていないと、為替相場で発生しているトレンドに気づくことが出来ず、トレンド相場で無理なトレードをしていまう可能性がある。

トレンド相場では折角用意したインジケーターも機能しなくなることもあるので、ファンダメンタル要因には常に目を向けて、為替相場にどう影響を与えるのかを考えてトレードすることが重要だ。

経済指標発表や要人の会見などは、事前にいつ発表されるのか分かっていることが多いので、スケジュールには常に目を向けておいて指標結果によってトレードの実践方法を検討するべきである。

また、最近では要人発言は要人が自身のSNSから情報発信をすることもあるので、市場心理に強い影響を与える要人のSNSの動向を見守っておくことも重要だ。

オブジェクト指標を活用する

チャートアプリでインジケーターを使った分析をする時に、インジケーターだけではなくチャート上に書き込みができるオブジェクト指標を使うことも非常に有効的なトレード手法である。

オブジェクト指標とは、チャートアプリに「ライン」や「図形」、「シグナル」などといったチャートに書き込みをすることができるオブジェクトのことだ。

チャートアプリにオブジェクトを書き込むことで、インジケーターだけではなくオブジェクトをつかってより可視的にテクニカル分析をすることができる。

オブジェクト指標の代表的な使い方をいくつか紹介させて頂こう。

・最高値、最安値のライン設定

最高値、最安値のライン設定

一定期間のチャート足で見て、最高値・最安値で為替レートが反転している価格間をラインで結ぶというオブジェクトの使い方は非常に有効的な分析方法の1つだ。

最高値・最安値のラインを知ることで、このラインに為替レートが到達した時に再度反転することを狙ったり、ラインをブレイクした時にトレンド発生を狙うなどトレード手法の選択肢を増やすことが期待できる。

インジケーターを使ったテクニカル分析をしている時に、このようにラインを活用した分析をすることで、更にテクニカル分析の精度を上げることや分析中に発生するダマシを回避することが可能だ。

チャートアプリでみているローソク足の時間足を変えて、長期的にどの価格値が為替相場の壁となっているのかを、ラインで引いて可視化できるように癖をつけるようにするとより分析の精度を上げることが期待できるだろう。

・トレンドラインの設定

トレンドラインの設定

一定期間のローソク足の高値と安値で間でトレンドラインを引くことで、為替相場のトレンド方向やトレンド転換のタイミングを予測することができる。

上記の画像で出している例では、トレンドラインは高値と安値共に平行線で形成されているので、上がるのか下がるのかがまだ決まっていない均衡状態の為替相場だ。

ボックスの最後では強い陽線でボックスから抜けだしているので、このタイミングで為替レートの方向は上昇トレンドに転換をしている。

このタイミングを意識してトレードをするのであれば、上記の画像でボリンジャーバンドを設定しているが、このボリンジャーバンドに接触した時の反転を狙った手法はエントリーできない。

このようにトレンドラインを形成することで、トレンドの方向を可視化することができるのでテクニカル分析の分析精度の向上と、テクニカル分析をする上でのダマシ回避をすることに期待することができる。

トレンドラインはローソク足を直線でラインを結ぶだけなので、トレンドの方向を知りたい時はトレンドラインを結んでトレンド方向について考えて見てもいいのではないだろうか。

ダマシを意識したインジケーターの組み合わせ

インジケーターを使ってテクニカル分析する際には、時にはテクニカル分析で予想した通りに動かないタイミングである、トレーダーの間で「ダマシ」と呼ばれている現象がある。

分析したエントリーポイントがダマシであると気づかずにエントリーをしてしまうと、予想通りの為替レートの変動は望めず、ダマシでエントリーをしてしまうと損失を計上してしまう可能性が高いのだ。

バイナリーオプションのトレード手法でテクニカル分析をするうえで、このダマシをいかに回避できるかが高い勝率を維持できるかに大きな影響を与える。

ダマシの回避方法で最も簡単な回避方法が、ダマシを意識した複数のインジケーターでテクニカル分析をすることだ。

1つのインジケーターだけを使って分析をするよりも、複数のインジケーターを組み合わせて分析をすることで分析の質が上がりダマシの回避ができるうえに、よりテクニカル分析の精度を高めることも期待ができる。

バイナリーオプションのテクニカル分析で頻繫に使われているインジケーターを例に、ダマシを回避することができるオススメの組み合わせを、インジケーターごとにいくつかピックアップして紹介させて頂こう。

・移動平均線×RSIを活用した組み合わせ

移動平均線×RSIを活用した組み合わせ

「移動平均線」は過去一定期間の為替レートを参照して、トレンドの傾向やトレンド方法を分析するインジケーターとして、バイナリーオプションのみならずFXトレードでも頻繁に使われているインジケーターだ。

移動平均線の最大の長所は、移動平均線を見ることで為替レート相場のトレンド方向や、トレンドの強さなどを知ることができることが長所だ。

そんなトレンド相場に強いインジケーターだが、あくまでも過去の一定期間から平均値を算出しているインジケーターなので、トレンドが発生している時には大きな役割を果たすが為替相場が落ち着いているレンジ相場ではダマシが発生することが多い。

そこでダマシ回避の役に立つインジケーターが、オシレーター系のテクニカルチャートである「RSI」だ。

RSIとは、過去の一定期間と現在の為替レートの値幅から「現在通貨ペアが売られすぎなのか、買われすぎなのか」といった、為替相場の市場心理を数値で表すことができるインジケーターである。

トレンド相場に強くレンジ相場に弱いという移動平均線の特徴に対して、RSIはどちらかというとトレンド相場に弱くレンジ相場で真価を発揮するインジケーターだ。

これら2つのインジケーターの組み合わせはかなり相性が良く、インジケーター双方の弱点をカバーすることができるので、これらを組み合わせることでより質の高いトレードを期待することができる。

・ボリンジャーバンド×一目均衡表を活用した組み合わせ

ボリンジャーバンド×一目均衡表を活用した組み合わせ

「ボリンジャーバンド」というインジケーターは、バイナリーオプションのテクニカル分析で最も使われているインジケーターと言っても過言ではないインジケーターだ。

アッパーバンドとロワーバンドと呼ばれている複数のラインを算出し、バンドの範囲内で価格変動が収まる確率を算出している。

ボリンジャーバンドが示している範囲にローソク足が差し掛かったタイミングで、反転タイミングを狙った逆張りエントリー手法や、ボリンジャーバンドの範囲を抜けた時に発生するトレンドを狙った順張り手法など、短期間で決着をつけるバイナリーオプションと相性が良く多くのトレーダーが採用しているインジケーターだ。

しかし、ボリンジャーバンドも過去の為替レートからボリンジャーバンドの範囲を算出し、ボリンジャーバンド内に収まる確率を出すインジケーターなので、突発的なトレンド相場ではあまり効果的ではなくダマシも多く発生しやすい。

そこでダマシ回避に効果的なインジケーターが、トレンドの強さや方向を雲で可視化することができる「一目均衡表」だ。

一目均衡表は過去の為替レート幅と現在の為替レートを参照して、チャートの中心に雲と呼ばれている範囲を算出する。

この雲の上をローソク足が推移しているならば上昇トレンド、雲の下なら下降トレンドとトレンドの方向を見分けることができる他に、雲の分厚さや雲との距離でトレンドの強さを知ることもできる。

このようにトレンドについて詳しく知ることができるので、ボリンジャーバンドに接触した時のダマシ判別に非常に有効的なインジケーターの組み合わせだ。

今回の例では、ボリンジャーバンドとの組み合わせで紹介したが、一目均衡表はどのインジケーターとも平行して使いやすいという特徴がある。

現在、他のインジケーターを使用してテクニカル分析をしているトレーダーで、一目均衡表を使っていないトレーダーの方は一度一目均衡表をチャートに採用してみるのも良いかもしれない。

まとめ

今回の記事では、テクニカル分析の精度を上げる方法を実例を踏まえながらお伝えさせて頂いた。

バイナリーオプションで勝つためには、もちろん勝てるトレード手法を実践することが最も大事だが、更にその分析の精度を上げるためにテクニカル分析以外の要素にも注意を払うことが重要だ。

今回の記事で紹介させて頂いたトレード手法を、バイナリーオプションで実践していないトレーダーの方であれば、この記事で紹介させて頂いたトレード手法はバイナリーオプションで実践中のトレードスタイルを変えずに更に精度を上げることに期待ができる。

このトレード手法を身につけることで、バイナリーオプションを更に広い視野でみることができるようになり、自ずと高い勝率や利益もついてくるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)