バイナリーオプションの必勝法はルールを決めた制裁トレード

バイナリーオプションの必勝法はルールを決めた制裁トレード

 
バイナリーオプションのトレード手法には様々なインジケーターを使った手法や、取引ツールを使ったトレード手法など、トレーダー一人一人によって様々な取引手法が存在している。

あえて最初に断言させて頂くが、バイナリーオプションのトレードにおいて100%絶対に勝てるようなトレード手法などは存在しない。

バイナリーオプションで勝ち続けるためには、勿論勝てる確率の高いトレードの手法でトレードをすることも大切だが、結果を出すために最も大切なことはいかに勝率の高いトレードを継続し利益分を増やせるのかが大切だ。

今回の記事では、バイナリーオプションで勝ち続けるために必要なトレードの制裁ルールについてを、おすすめのルールなどの手法を紹介しながらお伝えする。

トレード手法の紹介とは異なり、制裁ルールに関しては直ぐにでも実践に使用することができる上に、今現在で自分自身が実践しているトレード手法にプラスで加えて実践ができるので是非参考にして頂けると幸いだ。

勝てている人と負けている人の違いは?

勝てているトレーダーと負け続けているトレーダーの違いは、バイナリーオプションのトレード手法や使用している分析ツール、取引時間帯やトレードノウハウなど様々な要因が考えられるが、トレーダーの勝敗を分ける最も大きな要因はズバリ「トレード時のメンタル」だ。

一見するとトレード時のメンタルなんて精神論のように感じるが、実際に負け続けているトレーダーはメンタル面が安定せずに、無理なトレードや勝率の低いギャンブルのようなトレードをしてしまい負け続けている傾向にある。

一方、バイナリーオプションで勝ち続けているトレーダーは常に安定したメンタルで確実なトレードを続けているので、無理な時には無理をせずに確実に勝率を上げて利益を伸ばすことができている。

バイナリーオプションには勝つためのトレード手法は様々存在するが、そのトレード手法を使ってトレードをする土台となっているものは安定したメンタルで、安定したメンタルのもと勝率の高いトレード手法を実戦するということが大切である。

バイナリーオプションがギャンブルなのか?

バイナリーオプションを使ったトレードは、よくFXのトレードと比較されて評価されることが多く、一部の投資家からはバイナリーオプションは投資ではなくギャンブルだと評されていることがある。

FXとバイナリーオプションの違いについてあまり理解をしていないトレーダーが多いが、これらのサービスは為替レートを取り扱っているという共通点があるものの全くの別物の金融商品だ。

まずは、これらのサービスの相違点についてを解説させて頂いた後に、バイナリーオプションはギャンブルなのかについてを考察をさせて頂くとしよう。

バイナリーオプションとFXの違いとは?

バイナリーオプションとは、為替レートの値動きが一定の判定時間に達した時に上がっているか下がっているのかを予想するもので、その2択を選びチケットを購入し的中したら購入分にペイアウト倍率をかけて払い出しをされるという仕組みである。

為替レートを扱っている印象が強いサービスであるが、バイナリーオプションの業者によっては仮想通貨や金の価格など、実は為替レートに限らず様々な対象商品で売買が行われているサービスだ。

一方、FXのトレードでは為替レートが上がるか下がるかを予想するという点は変わらないが、購入したタイミングの為替レートと値動きした後の為替レートの差額で利益を生み出すという仕組みである。

トレードの手法と利益の出し方などに違いがあるものの、為替レートの値段を予想して購入しているという点から、ハッキリとした線引きはないがどちらのサービスも投資と呼んで間違いではないのではないだろうか。

バイナリーオプションはギャンブルなのか

それではなぜバイナリーオプションはギャンブルと評されてしまうことが多いのだろうか。

これもまたハッキリとした理由ではないが、以下のの理由が考えられる。

・予想が外れた場合は購入金額が全額損失になる

バイナリーオプションのトレードでは、例えば価格の上昇に1万円をエントリーしていた場合に、もし判定時間が経過した時に価格が上昇せずに予想が外れた場合にはエントリーをした1万円全額が損失として計上されることになる。

このように上がるか下がるかの2択で全額損失になってしまうというという、バイナリーオプションの仕組み上ギャンブルだと評されてしまうことが多いのである。

・短時間の判定時間で結果が決まる

バイナリーオプションのトレード結果は、基本的に30秒から長くても15分とFXと比べて短時間で結果が決まる。

短時間で結果が決まるトレードのスタイルなので、判定時間ギリギリまでは予想通りに価格変動が推移していたとしても、最後の最後の局面でノイズと呼ばれる突発的なレート変動で勝敗を分けてしまうケースも考えられるのだ。

FXでトレードをしている場合では、このようなノイズは発生しても証拠金さえあれば狙ったタイミングで通貨ペアを手放すことができるので、その面一発勝負になるバイナリーオプションはギャンブル要素があるとも言える。

このような理由から、バイナリーオプションはギャンブルと呼ばれることが多い。

確かに1回ごとのトレードを切り取って見てみると、FXと違って運要素も少なからずあるためギャンブルと捉えることもできる。

しかし、バイナリーオプションは何回もトレードをした合計の勝率で利益が決定するので、高い勝率を継続していくということが大切だ。

目の前のトレード結果だけを意識したトレードをしているとギャンブルになってしまいがちだが、より質の高いトレードを継続してこなしていくことで勝率が安定し継続的に利益を出し続けることが見込める。

実際に専業でバイナリーオプションのトレーダーをしている方や、副業でも毎月多額の利益を出すことに成功しているトレーダーもいるので、トレード手法やトレード時のメンタル面さえ整っていれば、ギャンブルではなく1つの投資としてトレードをしていくことは充分可能だ。

メンタルの安定には自己ルールが必要

トレードメンタルを安定させるためには、トレードする際にあらかじめ自己ルールを決めておいてトレードに挑むことが効果的な手法だ。

メンタルを安定させるために落ち着いて判断をしようという意識を持つことも大切だが、数分単位の取引時間で上がるか下がるかを予想するバイナリーオプションは、落ち着こうと意識をしてトレードをしても不意にギャンブルのようなトレードを仕掛けてしまうなんてことも多々ある。

このように本番のトレードでは個人の意識だけでは制御しきれない部分もあるので、あらかじめ自己ルールを設定しておいて、特定の条件になったらエントリーをしたりまたはエントリーを辞めるなどルールをもとにトレードをコントロールすることが大切だ。

実際に勝ちつづけているトレーダーを見ても、必ずトレードの自己ルールを設定して無茶なトレードをせずに、勝率の高いトレードを継続できるように自分自身をコントロールしている。

このようにバイナリーオプションのトレードは、自己ルールを決めて自分自身のトレードをコントロールする、制裁トレードを行うことがバイナリーオプションで勝ちつづけるために大切である。

代表的なエントリールールを紹介

実際にバイナリーオプションでトレードをする時に、 勝てているトレーダーのほとんどが個人で裁量ルールを決めてトレードをしている。

勿論、自己ルールなのでトレーダーによって採用しているトレードルールは様々だ。

特にエントリー時のエントリールールは、そのままバイナリーオプションの勝敗に直結することが多いので非常に重要なルールである。

まずはそんなエントリールールについて、多くのトレーダーが採用している代表的なルールをお伝えさせて頂こう。

そっくりそのままトレードルールを真似して、今日から実戦に使うことができるのでバイナリーオプションでトレードをしているトレーダーは、是非参考にして頂けると幸いだ。

チャート解析ツールで特定条件を満たした時にエントリーする

バイナリーオプションのエントリータイミングは、MT4などのチャート解析ツールを分析してエントリータイミングを探し出す「テクニカル分析」をすることが基本中の基本だ。

テクニカル分析を行わずにバイナリーオプションでのサービス上のグラフや、通貨ペアの価格だけを見てエントリーをして勝ちつづけることはほとんど不可能に近いのではないだろうか。

チャートで通貨ペアの値動きを分析してエントリーポイントを探すのだが、毎回チャートを目視してエントリーポイントを考えていると、非常に手間がかかって疲れる上にテクニカル分析にムラが出てくることが考えられる。

そんな時にはチャート上で特定の条件が発生した時にエントリーをする、というように事前にチャート上でのエントリールールを決めておくと、テクニカル分析の精度にムラが出てくることも抑える事ができ、質の高いエントリーを継続して行えるような効果が期待できる。

取引ツールを使ってシグナルが出た時にエントリーする

バイナリーオプションの取引ツールを利用して、ツールのシグナルや音声が発生したタイミングに従ってエントリーをするということも1つのエントリールールだ。

取引ツールのシグナルに従ってトレードをするというルールなので、バイナリーオプションに対しての深い知識が必要なく、手軽にエントリーをすることができることが取引ツールを使うメリットである。

しかし、取引ツールの中には高い勝率や絶対勝てると謳っていながらも、実際には勝つことが難しいような詐欺ツールも存在しているので取引ツールの選定には注意が必要だ。

また、取引ツールで発生するシグナルに加えて更に自己ルールをそこにつけ足し、トレードの精度を上げていくという方法もおすすめのトレード手法である。

エントリーする金額を決めておいてエントリーする

バイナリーオプションは業者によって金額は異なるが、1回のトレードのエントリー金額を自分で設定してトレードをすることができる。

トレードで設定した購入金額に対して、予想が的中すれば約1.7倍~2倍の配当がペイアウトされ、バイナリーオプションの利益は払い出された金額との差額で利益を出していくという仕組みだ。

このバイナリーオプションのエントリー金額だが、自由に設定をできるというバイナリーオプションの性質から、負け続けているトレーダーは1回のエントリーで負けてしまったらその損失を取り戻そうと次のエントリー金額を増やし続けてしまう傾向にある。

予想が的中さえすれば利益を出すことはできるが、このような冷静さを失っている状況でトレードを続けていると勝率の高い正確なトレードをすることは難しく、連敗を重ねてしまい結果的に大きな損失へと繋がってしまうのだ。

そこでバイナリーオプションで勝ち続けているトレーダーがエントリーに失敗しないためには、あらかじめ勝敗に関わらず1回のエントリー金額を一定の額に決めておくことで、冷静なトレードを続けることができるようなルールを決めている。

目先の損益だけに目がいってしまうのではなく、何十回や何百回という合計のトレードの勝率を意識して、ギャンブルのようなエントリー方法ではなく確実に勝率を上げていくという意識がバイナリーオプションでは大切だ。

取引する時間帯を決めてエントリーする

バイナリーオプションは常に価格が変動し続ける為替レートを対象にした投資方法であるので、ほとんどのバイナリーオプション業者では早朝の早い時間帯から、深夜の遅い時間帯まで幅広い時間帯の中から好きな時間でトレードをすることができる。

どの時間にエントリーをしても結果は変わらないというイメージはあるが、為替レートの動き方は時間帯によって特徴が異なり、普段行っているトレード手法が通用する時間帯とそうでない時間帯があることもバイナリーオプションの落とし穴だ。

例えば、アメリカの通貨である「ドル」を対象とした通貨ペアでトレードをする場合、ドルを取り扱っている、ニューヨーク取引市場がオープンしている日本時間の平日22時から早朝6時までの間はドル関連の通貨ペアの動きは活発に値動きをする傾向にある。

小さな値動きの幅を狙ってトレードをする手法でトレードをしていた場合、ドルが活発に値動きをするニューヨーク取引市場の取引時間では、値動きの幅が大きくなるのでどうしても狙っている小さな値動き幅でのトレードをすることは難しい。

逆に大きな値動き幅を狙ってトレードをする場合は、このように活発に値動きをする時間帯を狙ってトレードをすることが効果的だ。

このように取引市場の取引時間を意識したトレードは、バイナリーオプションのトレード結果に大きな影響を与えるので、トレードをする時間を自分自身でルールを決めておいてトレードをするべきである。

代表的なエントリー中のルールを紹介

ここまではバイナリーオプションのエントリールールについていくつか代表的なルールを紹介させて頂いたが、バイナリーオプションのエントリー中のルールも明確に決めておくことも、バイナリーオプションで正確なトレードを実現させるためには重要だ。

ロボットのように決められたルールに則ってエントリーをすることは簡単だが、為替レートは常に変化をし続けるので、エントリールールではカバーをしきれないリアルタイムの事態にも柔軟に対応する必要がある。

エントリールールをせっかく決めてトレードをしていても、エントリー中に為替レートの動きが変わった時にエントリーをし続けていては、勝てるトレード手法をいくら実戦していても結果を出すことは難しい。

状況がエントリー中に変わったとしても、安定してトレードができるようにエントリー中にも自己ルールを決めておいて、安定したトレード結果を常に得れるようにすることが重要だ。

実際に勝てているトレーダーが実践している、バイナリーオプションの制約ルールをいくつか代表的な手法を紹介させて頂く。

連敗が続いたらエントリーを辞める

為替レートには常に変動を続けていて、時にはロングとショート共に強いトレンドが発生していて想定している値動きでトレードができないというタイミングも存在する。

バイナリーオプションのトレードは、FXのトレードとは異なり数分単位の値動きでトレードの結果が左右されるので、値動きの方向が変わりにくいトレンドが発生しているトレンド相場のトレードは不向きだ。

トレンドは発生する状況は各国の経済情勢やニュースなどの様々な要素があり、バイナリーオプションでトレードをする際には、トレンドを決定付けるこのような要素には常に注目をしてトレードをする必要がある。

トレーダーの市場心理状況によってトレンドは突発的に発生をすることがあり、相当な相場観に慣れているトレンドが発生しているかを見極めることが難しく、自分自身のトレード手法が通用しないトレンドが発生していることに気づかずに負け続けてしまうということも考えられる。

突発的なトレンドを見極めることはトレード中の心理状態もあるので判断は難しいので、あらかじめトレードをする前に、トレードの結果で一定数の連敗をしてしまった場合はその日のトレードをやめるというルールを決めておくべきだ。

連敗が続いている時は損失分を取り戻したいという心理も働くので、ギャンブルのような無茶なトレードをしてしまうこともあるので、このような無茶なトレードをしないための抑止力にも繋がるので是非実践しておくようにしよう。

想定外の動きの場合は損切りをする

バイナリーオプションの業者によっては、エントリーをした後に「転売」という機能がある業者もある。

転売機能とは、判定時間の前でも転売機能を行使したタイミングでの為替レートで損益を確定させることができる機能であり、転売をしたタイミングの為替レートによって一定の倍率でエントリーの利確と損切りをすることが可能だ。

バイナリーオプションのトレードではFXのトレードとは異なり、為替レートが予想通りの値動きをしなかった場合はエントリーをした金額がそのまま損失となってしまう。

転売機能があるバイナリーオプション業者を利用している場合であれば、エントリーをした後に想定していなかった方向に為替レートが変動した時には、転売機能を上手く利用して損失を抑える損切りをする判断も重要だ。

もし思った方向に値動きが動いていない時は、エントリー時点の為替レートに価格が近ければ近い程損失を少なくすることができるので、早期に見切りをつけて損切りをしてトータルのトレードで利益を出すことに意識を向けるべきである。

通貨ペアの連続エントリーはしない

連続して同じ通貨ペアでエントリーしないという制裁ルールも、バイナリーオプションでトレードをする際に非常に有効的な制裁ルールだ。

為替レートで売りと買い共に値動きに強いトレンドが発生した時は、そう簡単にトレンドの方向は変化することはなく値動きを続けていく。

バイナリーオプションでエントリーをした時に、想定をしていた方向に値動きに動かなかった時に「ここが値動きの底になってそろそろ値動きが反転するだろう」という思考に陥りやすい。

取引中にそのような思考に至ってしまうと、同じ通貨ペアと同じ予想で再エントリーをしてしまいがちである。

そのような安易な考えでエントリーをすることは半分ギャンブルのようなものであり、簡単に為替レートのトレンドは反転しないので非常に危険なエントリー手法だ。

簡単に通貨ペアのトレンドは反転しないという通貨の性質から、一度エントリーで損失を出してしまった通貨ペアは、連続してエントリーをしないなどの制裁ルールをあらかじめ決めておくとメンタル面の抑止力も働き効果的なルールである。

指標が発表された時のルールを決めておく

各国の経済状況や景気状況や表す指標や、要人の発言や国際情勢ニュースなどは為替レートの値動きに大きな影響を与える指標だ。

このような経済指標はトレードの結果に大きな影響を与えるので、バイナリーオプションでトレードをしているトレーダーをはじめ、FXや株式投資をしているような全てのトレーダーが注目しておくべきである。

経済指標が発表される前後の時間では、市場心理に大きな影響を与えるため売買の注文が多く入るため、為替レートの値動きが激しく変動をしたり強いトレンドが発生することがある。

このような指標が発表された時のタイミングを狙ってトレードを行うトレード手法の時はもちろんだが、値動きが激しくないようなレンジ相場を狙ったトレード手法を行うときであっても、為替レートに影響を与える経済指標は随時チェックしておくことが重要だ。

特に、値動きが穏やかな為替相場を狙うことが多いバイナリーオプションでは、強い値動きが発生しやすい経済指標が発表される時にはエントリーを行わないというルールを定めておくことが効果的である。

米国の雇用統計発表や失業率の発表など、為替レートに大きな影響を与えやすい指標の発表の時は、事前に経済指標カレンダーなどを確認しておいてトレードの計画を立てておくことが大切だ。

まとめ

今回の記事では、バイナリーオプションでトレードする時におすすめの制裁ルールを紹介させて頂いた。

バイナリーオプションのトレードでは、勝率の高いトレード手法を実践してトレードをすることも重要だが、トレードの中で制裁ルールを決めてより質の高いトレードを継続してできるということが大切だ。

すぐに実践のトレードでも採用ができる裁量ルールも多いので、裁量ルールを決めてトレードをしていないトレーダーの方は、是非裁量ルールを取り入れて実際のバイナリーオプショントレードに役立てて頂けると幸いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)