パラボリックと水平線で簡単3分取引手法

初心者でもわかりやすい簡単な水平線ラインを利用した取引を教えていきます。

水平線のブレイクとパラボリックを利用した順張り手法

使用するインジケーター

移動平均線

パラボリック

ボリンジャーバンド

Fractals

エントリールール

まず1分足チャートに期間50の移動平均線を表示させます。

次に期間20偏差2のボリンジャーバンど

パラボリックはデフォルトで表示

Fractalsもデフォルトで表示

すると次の状態になります。

今回は順張りの水平線をブレイクした順張り取引です。

これらのインジケーターを参考に水平線を引いていくわけですが、どこに水平線を引いていくのかと言いますと。

参考例1

参考例2

Fractalsで反転している場所の高値安値に水平ラインを引いて、

その水平ラインを実態で超えたのが確定したらバイナリーで3分判定でエントリーしています。

エントリーしているのは縦線の足です。

この時のエントリー条件としては、

  1. 逆のパラボリックが出現していない。
  2. 移動平均線よりも上or下を推移している
  3. ボリンジャーバンどσ2にタッチしていない

この条件んが揃っている時にエントリーです。

ボリンジャーバンドはトレンド把握のインジケーターですが、σ2にタッチしていないということで

まだ伸び代が期待できるということでこの条件になります。

この条件だけでもものすごい勝率を誇りますが、もちろんですが通用しない日もあります。

毎日高い勝率を獲得するためにもう少しこの手法について深掘りしていかなくてはなりません。

上位時間の確認で安定した勝率を獲得

水平ラインが引けて、いざエントリーポイントがきた時に焦らずに上位足の5分チャートを確認してください。

5分足チャートでデフォルトのパラボリックと移動平均線20を表示して押して

必ずどちらもトレンドの方向を示唆していることを確かめてください。

移動平均線の傾きをみたり、パラボリックのトレンド方向を確認することで安定した勝率を見込めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)