順張り手法パーフェクトオーダーを使ったバイナリー5分判定

バイナリーオプション取引で順張りを使って取引していく人はあまり多くないでしょう。

なぜならばトレンドに沿った形でエントリーしていくと騙しにあう事が多く、嫌になり逆張りの方に転向していくためです。

FXではトレンドの方向に順張りしていくことが基本的なことですがバイナリーは特性上短い時間での取引になるので、損小利大はFXほど関係なく

時間内での読みになるので逆張りが有利となりますが

順張りでも高い勝率が誇れる手法を紹介していきます。

内容としてパーフェクトオーダーを使った5分連続取引を使って勝率70パーセント前後を期待できる手法となっっており再現性は高い手法となっています。

パーフェクトオーダーをチャートに表示させる

まず移動平均線を短期中期長期と3本表示させます。表示させる時間は5分足のチャート画面です。

短期は14、中期は75、長期は150

の3本を入れてください。

そしてパーフェクトオーダーとは

このような形の状態の時です。

上向きのトレンドのパーフェクトオーダーは3本の線がすべて上向きであり

上からローソク足、短期中期長期の順に並んでいる状態がパーフェクトオーダー中だと覚えておきましょう。

パーフェクトオーダー中のエントリーポインント

FXはバイナリーと違って個人で保有時間が決められますので、エントリーポイントは個人差が出てもしょうがないことですが、

バイナリー取引ではそうも言って入られません、きっちりエントリーポイントを見極めて取引していかなくては判定時間が決められていますので高い勝率が出すことができません。

なのでもう1つインジケーターを加えてエントリーポイントを決めます。

ADXをチャート画面に表示させる

ADXをチャートに挿入します。期間は14のデフォルトで良いです。

ADXには3本の線がありますが、このうち1本はトレンドの勢いであり2本はどちらの線が上にあるかでトレンドの方向を見極めていけます。

レベル表示に30を追加しておきます。

パーフェクトオーダー5分判定連続取引手法

まずパーフェクトオーダー中の通貨を探します。

発見できましたら。エントリーの準備に入ります。

そして上げトレンド中であれば、ADXの赤い線が30以上とトレンドの方向の線が30を両方とも超えたところから5分判定で順張りの方向に取引していきます。

この時、ADXのどちらかの線が30を下回ったら打ち止めになり、30を下回らない限り5分ごとにエントリーしていきます。

この部分では7勝3敗4回勝ち越しています。

途中の十字線はギリ勝利しており、逆に最後の微妙な部分は負けました。

1万円でのエントリーで29500円稼いだことになります。

この手法の注意点

1日に7通貨監視していても何度もないエントリーポイントですが1度エントリーすると多い時で15回連続取引なんかもありますのでエントリー数自体は多くあります。

しかし注意したいのが、しっかりとエントリーポイントを見極めることです。

エントリーしたくてパーフェクトオーダーがしっかりしたものでなかったりADXのレベル表示を30以下のラインに引いてしまっていたりなどです。

そしてエントリーポイントの見極めとしてもう1つ。

すべての条件が揃ったところで1度確認して欲しいのが、

ローソク足が短期からあまりにも離れすぎている状態ということ。

この時大きく上がりすぎていて反発を食らう可能性が大きいので、なるべく短期にローソク足が近い状態の時がベストです。

ローソク足が短期に近い状態の時、1分足ではどうなっているのか

ローソク足が短期の線に近いでのエントリーの条件が揃っている時

1分足ではちょうどボリンジャーバンドがエキスパンションしている状態になっていることが確認できます。

逆にローソク足が短期線から離れすぎている時は、ボリンジャーバンドが大きく膨れ上がっておりローソク足もバンド内に入ってきてこれから落ち着こうとしている状態が多いです。

最後に

最初のうちはローソク足が短期から離れすぎている場合は見送りましょう。どうしてもエントリーしたくてたまらないのであれば

1分足のボリンジャーバンドの状態を確認してください。バンドの外周が丸くなてきていれば見送りして

上のσも下のσも緩やかな上向き状態であればエントリーしても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)