バイナリーオプション必勝法。理論上最も勝率が高い手法

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

バイナリーオプションの手法は数多あるが、理論上最も勝率が良い手法はなんだろうかと思った。実際にバイナリーオプションでの取引などはその取引する人の裁量など、性格の違いなどから

同じ手法を行ったとしても勝率は変わってくるものだ。

そういったことも全て補ってしまうぐらいの再現性の高さ、勝率の高い手法を考えてみる。

現実的にパッと思いつくのが、「窓」を利用した手法が思いつくが、あまりこれは現実的ではない。

確かに勝率は高い、月曜日には必ずこの手法を使うかどうかを判断してその週が始まると言っても良いほど私の週間の1つだ。

しかしおそらくだが我々バイナリートレーダーが求めている必勝法ではないだろう。何故なら月曜日の朝にしかチャンスがないわけで、

しかも窓が空いていなければまた1週間チャンスを待たなくてはならない

月は4週間、良くても4回しかチャンスがないことになる。5回の時もあるが。

いくら勝率が高いからといって、この手法だけで稼ごうと思った場合、1回のチャンスに最低でも10万円以上の取引をしなくては月の稼ぎなんてたかがしれた額になってしまう。

1万円の取引を4回全て成功させ勝利したとしても、利益は約4万円にしかならない。

では10万円以上の取引をすれば解決になるのかと言われたら、違う。

理論上では取引額をあげれば解決することだが、私たちは感情ある人間だ。普通の人が1回の取引に10万円もの額を1回の取引で行えるのか、ということ

必ず戸惑いが生まれる。

何故ならば、月に良くても4回しかない取引で、なおかついくら勝率が高いと言っても負ける時もある。もし負けてしまった時に負け額を取り返すのにまた1週間待たなければならない、そしてもしまた次で負けてしまったら、、という負の気持ちが出てきてしまい精神が乱れに乱れるだろう。

次の取引で20万円を賭け、一気に取り返そうとする者

次の取引チャンスがくるまでに10万円取り返そうと、手法から外れた取引をしだす者

その行動は千差万別になるだろうが、どれも今後メリットとなる行動ではないと言える。

勝率は高いが、取引チャンスが極端に少ないという手法は必勝法にはなりえない。

必勝法の条件を出してみる

  1. 誰が行っても再現性が高い手法
  2. 取引回数が1日に最低でも10回以上
  3. 勝率は最低でも60%以上

この条件が求めている必勝法だと言える。

裁量による再現性の低さを回避し、取引回数は10回以上で多ければ多いほど良い

勝率は70%以上欲しいところだが、裁量による取引が強くなってしまうので機械的な手法で最低でも60%以上を目指す。

あとは信用性の問題だが、ネットに載せる以上。信用をどう勝ち取れば良いのか私にはわからない。これだけ嘘と真実が混ざり合った情報社会ではどのように文章だけで、手法の信用をあげれば良いのだろうか

取引履歴を載せていけば良いのだろうか、今では画像の加工も簡単というのが共通認識だと思うので画像の信用性もないと私は思っている。

話を戻すが、理論上最も勝率が高いのがマーチンゲールを使った手法になる。勝つまでが1つの手法になっているため、理論上は勝率100パーセントだ。

しかしこれは除外する。除外する説明が必要な方は実践してみるのもよし、情報を調べてみればいい。理由がわかるだろう。

私個人的に最も再現性の高い手法を公開しているのがバイナリーオプションで順張り連続手法【勝率68.5%】だ。

この手法は順張りでエントリーポイントからの連続取引という手法だ。

エントリー場所も裁量はそこまで必要なく、再現性は高いと思う。

逆に再現性が低い手法も公開しているが、その中でもバイナリーオプション30秒必勝法を公開するよだろう。

裁量が強くなってくるのは時間が短くなればなるほど裁量で勝率は変わってくる。一瞬の見極めによるエントリーになるし、エントリーが少しずれただけで結果は変わってくるからだ。

で、再現性は高い順張りの手法だが、果たして理論上最も必勝法と言っても良い手法なのか?と聞かれたら正直どうなのだろうかと思う。

「理論上」という言葉は数学者たちならば「マーチン手法」と答えるかもしれないが。バイナリーオプションで実際に取引する私たちからしたらその「理論上」は大きく乖離した理論だ。マーチンの先は「破綻」だからだ。

では私たちが考えなくてはならない「理論上」というのはなんに該当するのだろうか?

私の考えになるが、私が思うに「信憑性」だと思う。

信憑性、信頼性。というのは長く古くから実績を伴う手法のことだと捉えて欲しい。

最近ちょっとその辺の人が考えた「ポッ」とでの手法ではなく、株やfxの投資当初からあるような手法。

「窓埋め」の手法もだいぶ古くからある手法の1つだ。

先人が経験と実績から生み出した信頼ある手法が「酒田五法」だ。

私が思うにこの手法が、手法の原点であり1番「理論上」に近いと思う。

酒田五法が必勝法に最も近い

先ほど上記で必勝法に求める条件として、「再現性」「取引回数」「勝率」の3つを上げたが、この全てを酒田五法はクリアしている。

信頼性も古くからある手法なので十分だろう。

再現性についてたがこれは酒田五法におけるローソク足の形を覚えれば、あとはその形が出現すればエントリーとなるので形さえ覚えてしまえば、誰にでも再現できる手法だ。

次に取引回数についてだがこれも1日10回以上の取引になる。なぜならば44パターンもの形があるからだ。

このパターンを覚えるのは最初苦労するだろうが慣れれば、即覚えられる。

このパターンの多さから取引回数もクリアできる。

勝率についてだが、酒田五法で最も勝率が高くなるのはどの時間だろうか、1時間での取引が一番勝率が高かったとしてもそれでは取引回数がかなり減ってしまうので、

できれば1分足での判定時間で勝率60%以上をキープしたいところだ。

「酒田五法 一覧表 フリーイラスト」の画像検索結果

こういう形でのパターンが酒田五法だ。この酒田五法で実際にどれぐらいの取引チャンスがあるのか

44パターンもの形があるが実際に出現する回数で多いのが

  1. 赤三兵
  2. 黒三兵
  3. 三山
  4. 三川
  5. 三尊
  6. 逆三尊
  7. 三空踏み上げ
  8. 三空叩き込み
  9. 上げ三法
  10. 下げ三法

の10パターンが最も多く出現する。パターンはこの10個の形だけでの取引でも十分だろう。

バイナリーオプションの必勝法になり得るには判定時間は5分取引が無難

実際に酒田五法の10パターンでの取引をバイナリーオプションで取引してみると、5分取引が一番勝ちやすく取引回数も1日で10回以上は確実に確保できた。

エントリーするには基本的な酒田五法のパターンを確認する時間は1分で視認し。

1分足で酒田五法の形が出ればバイナリーオプションで5分取引でエントリーする。

これには一応理由があり、酒田五法の形が出現したからといって次のローソク足がエントリー方向とは逆に行く場合があるからだ、

酒田五法でのエントリーで成功している時はじっくりとエントリー方向に動いていくため、1分取引では負けることも多くなってしまう。

5分でのローソク足でも同様で、5分でのローソク足で酒田五法での形が出現したら15分取引などでエントリーするのが良い。

しかしこれでは1日での取引回数がかなり減ってしまうので、やはり1分足でのパターン出現で、5分取引でバイナリーオプションでエントリーしたほうが良い。

 

酒田五法の矢印サインインジケーター

調べてみたら有ったので紹介しておく。無料から有料のまであったが、やはり使いやすさでいえば有料のインジケーターが使いやすそうだった。

私は酒田五法の基本的な形、出現しやすい10の形は最低限覚えているので使う必要はなかったが、

覚えるのが大変だなぁと思う方がいればこういったインジケーターに頼るのも良いだろう。

調べてみるとサインも出るし音でも出現した時を知らせてくれたりと、チャートをずっと眺めていなくて良いのでなかなか良い。

無料のインジケーターでは三兵と三法のパターンが出たときにサインを出すインジケーターと説明されていた。

パターンが少ないのがネックだが、無料のインジケーターとしては良いものだと思う。

有料のインジケーターとしてはこれが1番良さそうだった。

画像左側のボタンでサインのオンオフが切り替えれて、出現した時に教えて欲しい形のだけ選べるようになっている。

酒田五法の形を覚えている私でさえ思わず買おうか迷ったぐらいだ。まぁ必要ないので購入していないのだけれど、1万円ぐらいで酒田五法の形を1から覚えなくて良いのだからお得だろうと思う。あぁインジケーターの金額は10800円だった。

気になる方は、「酒田五法 インジケーター」でググればすぐに出てくるので購入してみたい方は自分でググってください。最近リンク貼るのがめんどくさいんですよね。

取引結果

バイナリーオプションでの取引結果は、20戦13勝7敗だった。

午前9時〜午後19時までチャートに張り付いて取引した結果だ。

勝率は65%だった。1ヶ月通しての取引結果ではないので正確な勝率とは言えないが、初日でいきなり最低限の勝率を下回らなくて少しホッとしている。

取引金額は5万円で全て取引したのでその日の利益は20万円を超えてくれました。

エントリーしてから「あーこれは外れたな」と判断できる時は転売もしていたので、通常の負けよりかは損失を抑えることもできました。ほんのわずかの差でしかありませんが。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)