スキャルピングの必勝法を使って1日10万稼ぐ

スキャルピングの必勝法って「必ず勝つ方法」となるわけですが、先に断っておくと勝率100パーセントではないので、その辺はご理解いただきたいです。

勝率は大体60〜80%ほどだと言っておきます。これは日によって勝率が変わるということです。難しい相場のときもあれば、びっくりするほど手法と相場がマッチするということがあります。

1日に10万円とタイトルでも書きましたが、月トータルで獲得するpipsを1日平均した時に20万通貨で取引した場合です。

1000通貨の取引ではもちろんですが1日10万円稼ぐことは不可能ですのでご理解ください。

必勝法の内容

軽く先に必勝法の内容ですが決め事が幾つかあり、内容と決め事を書いておきます。

  1. 取引枚数20万通貨
  2. 通貨ペアは「USD/JPY」「EUR/JPY」「EUR/USD」
  3. 使うインジケーター「SPボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「平均足」
  4. エントリー箇所は3つ
  5. 逆張り、順張り両方使う
  6. 開くチャート画面は1分5分15分
  7. 市場が変わるタイミングは取引しない。(例)日本➡︎EU。に変わる夕刻1時間ほどは休憩
  8. 資金として最低100万。*これは私がスキャやるときの基準なので自分の精神コントロールレベルと相談してください。
  9. 損切りはエントリー箇所によって変わるのですが、意識するエントリーの仕方は「損切り:利確」「1:2」が望めそうかどうかということ。
  10. スキャルピングしても良い業者を使う。

パパッと書きましたが、内容は大体こんな感じです。結構裁量も左右されてくるのですが慣れてくればガンガン取引できると思います。

1日の平均獲得pips

1日平均して50pipsは稼ぎます。良い時で100超え、悪い日で20pipsもいかないぐらいです。

なので1日に10万稼ぐには20万通貨で取引します。本当のこと言いますと私がスキャやるとき、ここ数年は100万通貨でしかやらないです。

3つの通貨ペアで勝ちやすい通貨ペアを選ぶ

なぜ通貨ペアが3つだけなのかというと、この通貨ペアでの通貨間の強弱を見たいからです。さらに程よくボラリティもありますしスキャルピングするにはいろいろと条件が揃っている通貨ペアです。

これには詳しくバイナリーオプションで勝ちやすいおすすめの通貨ペア探し方で書きましたが、簡単に言って仕舞えば、

USD/JPYが買われていて、EUR/JPYが売られていて、EUR/USDが売られていれば

1番通貨として強い通貨はUSDで1番弱い通貨はEURですね。

なので取引する通貨ペアはEUR/USDを選ぶことになります。エントリーは「売り」を狙うということになります。

インジケーターでエントリータイミングを図る

必勝法となるエントリータイミングですが、ボリンジャーバンドを表示させているのはレンジ中かトレンド中かを視覚的にわかりやすくするためです。

大きな時間軸の15分、5分も確認時ておきます。

先ほどの通貨ペアでの話でいけば売りの方向のトレンドがきっちりと確認できればなお良いですね。

そしてエントリーするタイミングになりますが、1分足で図ります。

1分足では上髭が長い足が出ればエントリー、5分足では近々の高値付近であること、ストキャスティクスでは買われ過ぎラインからのクロスが確認できればというとこです。

損切りラインは5分足での近々の高値より少し上に、利益確定は15分足での1時間以内での安値付近まで伸ばせれば良いですが、5分足での平均足の色が変わってから利確しても良いです。あまり利益は伸ばせなくなってしまいますが。

レンジ中での取引

これは自然とボリンジャーバンドのσ2あたりで跳ね返されていることがわかると思います。もちろん売りの方向にしかエントリーしません。

できれば5分足で、真ん中の線より上で相場が推移していればエントリーを避けても良いです。

足の速さがあればエントリーしても良いと経験上の判断はありますが、この辺は裁量が強くなります。

必勝法の再現性は低い

かなり再現性は低いと思います。基本的なエントリーの仕方は書きましたが、足の流れやそれまでの相場の形なども考慮してエントリーしますので、この辺は経験によって勝率が変わってくるでしょう。

常に相場を見てきている私でも予想は外しますし、突発的な材料で相場は動きます。ファンダメンタルも活用しながらエントリー条件は揃っているが、相場の流れやクソポジでの相場の流れを予想したりもしますのでエントリーしない時も多々あります。

なので馬鹿正直にエントリーする条件が揃ったからといって、エントリーを軽くすることはありません。

スキャルピングで1:2もあれば勝率が60パーセントもあれば必ず利益は出ますので、最初は必ず損切り場所よりも利益確定が最低でも2倍はある場所でのエントリーを心がけてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)