FXで勝率が高い手法よりも戦略を組むべし

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

FXで稼げない、勝てないのは勝率が良い手法を確立できていないからでしょう。fx関連の記事はたくさんありますし勝率80%90%の手法もたくさん無料で公開されていたりしますが

ほとんどの手法が今の相場では勝てない手法か、デタラメな手法ばかりです。

どんな手法を今後使っていけば良いのかわかりませんよね。見よう見まねで真似してみた手法では勝ったり負けたりとあまり信用できずにまた他の手法をネットで調べたり、有料の手法を購入したりと初心者の頃はブレてしまうのは仕方のないことかもしれませんね。私もそうでしたし。

しかし1度、信用できる手法を確立できたならばあとは資金管理だけ注意しておけばおのずと資金は増えていきます。

fxの真髄は手法なんかいらないんですけどね。どうしても最初は資金が少ないので勝率が高い手法を見つけなくてはなりません。

FXで高い勝率を誇る手法というか今現在どのようにfx投資で私が稼いでいるのかの手法について書いていきたいと思います。

 

FXで資金が少なかった頃は手法で稼いでいた

私がfx初心者の頃はもう10年前以上になりますが、資金5万円でfxを始めたのを覚えています。その頃の私はレバレッジすげーとか思いながら

ただなんとなく上がるか下がるかの二択を選びながらのエントリーを繰り返していましたね。3年間ぐらいは手法の確立もできずに、いろんな手法を試したり「マーチン」を試してみたり「ナンピン」を試してみたりの初心者でした。

fxにあてられる資金は少なかったので、勝率が高い手法を作らなければならなかったのですが。どうしても「マーチン」になったり「ナンピン」になったりしてしまっていました。それぐらい勝率80%なんていう勝率は手法で再現するには、その頃の私では難しかったのを思い出します。

まぁ今でも純粋な手法だけで80%の手法を考えて作れと言われてもできるかは難しいですが、

いろんな手法でfxを試してきましたが私の肌にあっているのは「スキャルピング」でしたね。短気な私にはエントリーしてから長くポジションを保有することは苦痛以外の何にでもありませんでしたからね。

そこでスキャルピングで勝率が高い手法を研究して、そこそこ稼げれるようになった手法ができました。

その手法で半年間はプラスでしたのでそこそこの再現性だと思います。てか思っていました。

まぁお分かりの通り半年過ぎてからは資金全て一気に溶けて無くなったので、勝率が高い手法でしたが永続はできなかったわけです。

 

fxで稼ぐための計画的な戦略を練る

fxで3年以上取引を開始しても資金をとかすばかりで何1つ得をしていなかった私は、FX投資で専業になるための計画を初めて真剣に練りました。

FXで勝率が高い手法は作れるが永続できない。もしかしたら永続して高い勝率を誇る手法が存在するのかもしれないが、手法に頼る投資ではどうやってもギャンブル感が拭えない。

そこでFXではどうしたら資金が増えるのかを真剣に考えて結果、短気での取引をしなければ良いという結論に至った。

もっと言えば損切りもしない。利益が出るまで持っているポジションを保有しておけば損切りしなければ勝率100パーセントだ。

これはfx専業での究極の形だと思う。

これを実現するためにはどれだけ相場が暴落したとしても強制決済されない資金が必要になる。というかレバなしの現物だけで取引を行うのが理想だ「レバ1倍」だ。

しかしレバなしの場合1万通貨の取引をしようと思ったら約100万円の資金が必要になってきます。

1万通貨を100pipsで「ナンピン」していき、利益が出るまで寝かせる。ようは「塩漬け」ですね。これが理想ではあるのですがfx専業になれるほどの利益を得ることはこれでは難しいです。

私の計画としては、レバ2倍で資金3000万で3万通貨でのナンピン。エントリーポイントはクソポジ使ったりファンダメンタルでのエントリー。

最低でもここまでは持って行きたかったのだけれどこれでも専業には私のやり方では難しいだろうと思った。

3万通貨の取引量なら月に30万円稼ぐのに1000pipsもプラスを出さなくてはならない。この資金の回し方だとpipsを多く獲得していくにはそれこそ10億ぐらいの資金で

いろんな場面でポジションを保有し、利益が出たポジションだけ回収。そしてまたポジションをとるといったことをしていかなけらば1000pipsは難しい。仮に資金3000万円ぐらいで。あまりにもポジションを多く取りすぎてしまうと、ポジション間が近くなってしまいがちなので、

大きく相場が動いてしまった時に回収するのに5年や10年塩漬けになてしまうことになる確率が高くなってしまう。

その間の稼ぎがないのでfx専業とは言えない。

まず第一に大きな資金を獲得しなくては、安定したfx投資はできないと判断した。

極小資金でハイレバでなんどもトライ

どうしても大きな資金を必要とした私は、海外の業者を使ってハイレバレッジを繰り返した。目標資金は500万円で開始の資金は5万円だ。

もちろん資金5万円では何かの拍子にすぐ溶ける、5万円から100万円まで持っていければ500万円は瞬殺で達成できる。

もちろん資金100万円に増やした時も臆さずに全力でハイレバを行っていた。

運よく500万円いけばそれは専業の時の手法としての資金なので。その500万円の資金はまた違う投資の仕方で回していく。

資金5万円での手法はスキャルピングで半年間稼ぎ続けた手法を採用した。もちろん5万円は何度となく溶かした。

スキャルピングの手法とその年の相場がマッチしたのか、6年目あたりの目標しきん500万円は3回到達した。

5万円失った回数は100回以上だ。しかし最初の500万円到達した資金で、ハイレバではないがそこそこのギャンブル性のあるやり方で利益を出していたのでだいぶ助かっていた。

この時の私の主な計画は

  1. 5万円でハイレバ
  2. 500万円で資金管理をしながらの、30%投資
  3. 塩漬けで専業

これだけざっくり書くとわけがわからないかもだが、まぁ許してほしい。ちなみに2の説明を軽くすると、インジケーターももちろん使った手法だったが何よりもクソポジチェッカーでのポジション把握だったりその日の相場の動く予想を2時間かけて行い、まずは資金の10%を予想した方向に仕込み。予想どうりであればさらに20%上乗せして、夜には手仕舞いをする。

これを繰り返していた。まぁテクニカルとファンダメンタル両方使った分析をしていたからここが1番、頭使っていたので疲れるとこだった。

3までいけば、利益でれば決済するだけの簡単なお仕事になるのでそこまで持っていくのが1番苦労した。

 

資金管理で勝率100%

この1〜3までの計画で3まで到達しているのだが、未だに2もやっている。それは3の塩漬けで利益が出れば決済する勝率100%手法では、月の稼ぎがまだ少ないからだ。

しかも私はもともとギャンブル好きで短気な性格なので1番の「ハイレバ」も、たまにだが遊びでやっている。500万円到達したらその500万を握って遊びに行く。

専業として今はまだ2番での稼ぎで生活をしている状態だが、いずれ3番の勝率100%の投資だけでも年間1000万円は最低でも超えていきたい。

資金は億を超えてはいるが投資家としてはまだまだ未熟であり、上には上がいる。

まとめ

fxで勝率が高い手法ももちろん大事だが、最終的にfxで自分がどうなりたいのかをきっちり考える必要がある。

fxで専業になりたいなら、まず第一に「安定」した利益の確立のはずだ、勝率が高いからといって手法にいつまでも頼っていては専業になった時に怖い思いをするのはあなただ、

なぜ勝率が高い手法を求めていて、その手法を使ってどのように上り詰めるのかを考えることが大事だ。そう考えた時に勝率が高い手法なんて必ずしも必要ではないし1つの手段でしかなくなる

手法よりも戦略や計画の方がよっぽど大事だ。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)