スキャルピングはスプレッドが狭い業者が基本

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

fxでスキャルピングをする時に無視できないのが、スプレッド(手数料)です。知らず知らずのうちに無駄な手数料を払っていては、スキャルピングで何回何十回と取引するうちに積みかさなりいつしか膨大な手数料を払っていることで、資金を増やす妨げになってしまっていませんか?もしかしたらスプレッドのせいで勝てないのかもしれません。

スキャルピングでのスプレッドが狭い業者を使うことは最低条件の基本の1つです。実際にスプレッドが大きい業者と小さい業者を比較した時の資金の増え方は全然違う結果になってしまいます。

業者選びでのポイントは、業者特有のツールや通貨ペアの種類、スマホアプリがあるか、ロスカット狩りがひどくないかなどの様々な要素を加味して選ぶのですが、

スキャルピング手法をすると決めているのであれば、1番の基準としてはスプレッドの狭さを見るべきでしょう。次にスキャルピングで口座凍結されない業者か、その他で通貨ペアの種類OCOの設定のしやすさや、成約率の速さなどが挙げられます。

なんにせよスプレッドが広いとどうしてもその時点で取引した瞬間マイナススタートなので、プラスに持っていくのがその分辛くなってしまいます。

スキャルピングでうまく勝てないと思っているのであれば、今自分の使っている業者を見直して、スプレッドが狭い業者を探してみましょう。もちろんスプレッドが狭いからといってそれだけで業者は選んだらだめですよ?

スプレッドが狭い業者

ドル円通貨ペア

ドル円通貨ペアだけで見た時に1番スプレッドが狭いのは「マネックスFX」です。

スプレッド幅は0.2銭。しかしこれには条件がありまして取引枚数が1万通貨以下の場合のみとなります。

この1万通貨までの取引しかしない方はここの業者がスキャルピングでは有利となりますね。

私は最低でも100万通貨以上でスキャしますので、眼中にない業者になってしまいますね。

ユーロ円通貨ペア

ユーロ円通貨ペアだけで見た時の1番スプレッド幅が狭いのは「SBIFXトレード」となっており。スプレッド幅は0.39銭となっています。

しかしこれまた1万通貨までとなっておりそれ以上のlot数だとスプレッド幅が広がってしまいます。

だが1万〜100万通貨のスプレッドは0.49銭となっておりまぁ許容範囲であるし何より「原則固定」なのがfx初心者には嬉しいところではなかろうか。

「変動制」と「固定制」があり変動制は相場状況などによって変わるのに対して「原則固定」はそのままの通り相場に左右されないで決められたスプレッドということだ。

ボラリティがあるポンド円や豪ドル円

この2つの通貨ペアについても上記の「マネックスFX」と「SBIFXトレード」がほぼ変わらないスプレッド幅である。

ちなみに1番スプレッド幅がある業者は「外為オンライン」で豪ドル円のペアで3銭のスプレッド幅があった。それに対して「マネックスFX」や「SBIFXトレード」なんかは0.5銭〜0.6銭だ。いかにスプレッド幅が狭いかがわかる。

成約率やスリップ、口座凍結を重視するなら

上記のはスプレッドを重視した業者になりますが、もう少し手数料がかかってもいいから成約率やスリップ、口座凍結を恐れずにスキャルピングをしていきたいと考えるならば

海外業者の「XM」が無難でしょう。

XMの「スタンダード口座」ではスプッレドは広いですが。XMがスキャルピング用と言っても良い「ゼロ口座」という口座を用意してくれていますのでそちらを選びましょう。

  • ドル円ユーロ円のスプレッド幅がほぼ0
  • 成り行き注文でも全くすべらない(101.00で注文したのに101.02で成約されたりする現象)
  • 取引手数料がかかる
  • 業者がスキャルピングを推奨している
  • よってスキャルピングによる口座凍結の心配がない

取引手数料ですが10万通貨あたりにかかる手数料はおよそ1000円です。スプレッド幅はほぼ0ですが、スプレッド幅で換算すると1.0銭のスプレッド幅となります。

スプレッッド幅重視で選ぶのであれば「マネックスFX」や「SBIFXトレード」ですが。成約率やスリップ、口座凍結の方を重視するのであれば「XM」のゼロ口座がオススメですね。

私はスキャルピングをよくしていた時代は「XM」のハイレバでガンガンスキャルピングしていましたね。

海外のFX業者を使い、レバレッジ数百倍で何度も挑戦するといいことあるよ。燃やせ俺の小宇宙[資金]

まとめ

スキャルピングでのスプレッドは狭いほど良いし、その分勝ちやすいと言えます。しかしその他にももちろんスキャルピングでは重要視しなくてはいけない点がわかっていただけたかと思います。

1万通貨ぐらいでの取引ならば「マネックスFX」や「SBIFXトレード」が良いですね。

 

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)