バイナリー1分取引のエントリータイミングの初歩手法

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

バイナリーオプションで1分や30秒取引といった短い判定時間が人気高いのですが、正直に言いますと初心者ほどおすすめできませんし。稼いでいるプロ投資家でも難しいといったのが現状です。

このブログでちょいちょい語っていますが、稼げていない人ほど30秒や1分での取引時間を好んでいると思います。

それはギャンブル好きな人たちがこの短い判定時刻を好んでいると言えますし、長い判定時間での勝つか負けるかの「緊張感」に耐えられないという投資初心者たちが好んでいるとも言えます。

できれば判定時間を5分や15分などの取引時間に変えて欲しいところですが、それでもバイナリーで刹那的に勝ちたい。1分取引で勝ちたいんだという方にはバイナチーオプションの初歩的なエントリータイミングについて書いていきたいと思います。

私自身、バイナリーをやり始めた頃は1分や30秒といった判定が短い時間の取引が好きでした。あの短時間で掛けたお金が約倍になるのが快感だったんですよね。

なので1分取引をやめろとは言いませんが、せめてそれなりの理論を用いたエントリータイミングを知って欲しいと思います。

バイナリーオプション1分のエントリータイミング

エントリータイミングですが、ローソク足の髭を意識したエントリーになります。今回はいろいろとインジケーターはこれを使うだとか、

インジケーターの組み合わせでこれがこうなったらエントリーだとかのわずらわしいことは言わない。初歩的なエントリータイミングです。

ローソク足の形だけ意識したエントリータイミングですので誰にでもできますし難しくありません。

ローソク足ってあまり重要視していない方が多いと思いますが1つ1つのローソク足の形にもちゃんと意味を持っています。

その中でもローソク足の髭に注目していくエントリーです。

ローソク足の髭ってその1分での高値と安値を表しているのは知っているかと思います。

そして実態は「始値」と「終値」を表しています。

この実態のローソク足よりも髭の方が2倍ほど長ければ逆張りを仕掛けるというエントリータイミングになります。

 

「ローソク足 ヒゲ」の画像検索結果

こんな感じのローソク足の時ですね。そしてなぜ2倍なのかというと私の経験上、もう1本次のローソク足は長い髭の方に動いていきやすいです。

画像にもありますがローソク足の実態が小さすぎて髭が長すぎるやつは、次の足で1本前の長い髭の高値安値を試しにきたりもします。

なるべく2倍ぐらいの方が次の足は逆のローソク足が出やすいです。

髭が長すぎる方でもエントリーチャレンジ

ローソク足の基本で反転示唆として強いのはもちろん髭が実態よりも2倍以上ある方です。なので次の足で前回の長い髭の方の高値安値付近にきたらエントリーを試してみても良いです。これはローソク足の確定を待つのではなく、高値安値にきた瞬間にエントリーです。

あまりにも髭が長いと次の足で高値安値を試して近づいてくる可能性というのは高いですので注意して様子を見てから狙い澄ましたエントリーで勝ちにいきましょう。

インジケーターで追加してみる

インジケーターは使わないっていったよね?

という声が聞こえてきそうですが、使った方が精度が上がるんだからいいじゃない。

使うインジケーターは「移動平均線」だけです。しかも使うと言っても移動平均線の数値をいじるわけでもなく表示させておくだけです。

移動平均線で確認しておきたいのはゴールデンクロスしているかデットクロスしているか?

ということだけです。

ローソク足の髭だけの反転示唆で逆張りをしていてはやはり精度にあまり期待はできないのです。もう少し精度を上げるために移動平均線は見るだけです。

トレンドの方向に逆張りエントリー

例えばゴールデンクロスしているならば相場は買いの方向にトレンドが発生しているということ、上昇の方にトレンドが発生していると言っても

トレンド中には陰線も幾つか発生します。その中で下髭の長いローソク足が出現したら逆張りエントリーです。

1日チャートに張り付いても、エントリーする回数頻度は極端に少なくなってしまいますが、まずはこれでエントリーして髭を意識したエントリータイミングの練習にしたら良いと思います。

バイナリーオプション取引で1分の判定時間という短い時間での取引は、一瞬で掛けた資金が約倍になることが魅力的ではありますが、その分一瞬で資金がなくなるということと表裏一体なので、これぐらい勝ちにこだわったエントリー回数で良いと思う。

 

1分取引のエントリータイミングを深めていくと

実は短い判定時刻の1分や30秒取引って、感覚でのエントリーの方が勝率が高かったりします。

固定されたエントリータイミングや手法よりも、インジケーターを全て消して、(本当はティックだけにしたいがそー即足の方が私は慣れている)ローソク足だけ表示して、

ローソク足が形成される速さやタイミング1本〜15本ぐらい前のローソク足の勢い、現状作られているローソク足の動き

こういったいろんな要素を経験で感覚的に見て、「今」っていうとこでエントリーした方が取引回数も多くなりますし資金もどんどん増えていきますね。

しかしこれは毎日fxでmt4のチャートとにらめっこをしていたスキャルピングで稼いでいた時代の私が積み上げてきた裁量による経験ですので、

こういう動きをしだしたらここでエントリーだよってのはなかなか説明が難しいですし。本気で説明しだしたら100通り以上あるんじゃないかなw

バイナリー初心者で1分や30秒の短期取引で、エントリータイミングがわからず難しいと思っているならば初歩的なエントリータイミングでフィルターをかけて相場を監視し続けることで、勝つための裁量が経験として養われていくはずです。私はfxで養いましたが。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)