FXで負ける理由は大体がポジポジ病

fxで負ける。勝てない。難しい。そんな方は大体「ポジポジ病」でしょう。もうfx初心者で負ける理由として大きく3つありますが、病名みたいに名付けられるほど有名になってしまった「ポジポジ病」

なんか言いやすいし耳に残りやすい病名です。誰が名付け親なんだろうか、ネーミングセンス神がかってると思う。

先ほども言いましたがfx初心者が負ける理由として決定的に負ける大きなは

  1. ポジポジ病
  2. 資金不足
  3. 高いレバレッジでの大きいlotで取引

もっと細かくそれぞれを細分化してみていけば、FXで負ける理由として複数存在しますが。

大きなカテゴリーとしてみればこの3つです。

ポジポジ病で気がづけば借金

そもそもポジポジ病ってなんですか?という方もいるかと思うので説明しますと

「決まったポイントではないが、なんとなく上がりそうだから買いでエントリーポジションを持つ」

この「なんとなく上がりそう下がりそう」だからポジションを取る。とこから「ポジちゃう」「ポジポジしちゃう」

「ポジポジ病」ですね。

fx初心者で負けている方なんかは心当たりが必ずあるだろう病気ですね。

私も若い頃になんとなくポジション取りを行い、なんとなく勝ったり負けたりしながら借金が膨れた時がありました。

1.なぜポジポジ病になってしまうのか

なぜポジポジしてしまうのか、fx初心者の段階でしたらまず。

FXで世界中の投資家とやりあっている俺カッケーです。

「投資家」という響きにやられてなんとなくわかんないけれど上がりそうだからポジション取っちゃう。そして運よく勝てた

「俺カッケー」です。あ、私は最初そうでしたよw

俺カッケーって思いながら勝ったり負けたりしていたら気づけばアコム行ってましたからね。

しかしこれぐらいならば「ポジポジとまで言われるほどのことにはならないでしょう。大体の人はきちんとfxで簡単にポジションを取ることで負けてしまうと判断できるからです。私もアコムに行った後にきちんと気がつきました。

しかしここからが「ポジポジ病」の真骨頂

2.治らないポジポジ病

ポジションをなんとなくでとっていては勝てません。ならばどうするのか、

FXで勝てる手法を探します。それこそネットや書籍。有料商材、今なんかではYouTubeYouTubeなんかにもfxで勝てる手法と検索すればたくさん出てきます。

そしてある程度の手法が出来上がるでしょう。fxは機械的に取引を行うことが重要であるとある程度勉強すれば知っていることでしょう。

そしていざFXで決めた手法で取引を行います。

勝てないんですよ。そして負けることによって減っていく資金を見てこう思うわけです。

「あ、今なんか上がりそう。ポジション持とうかな、いやでもここは手法を信じよう我慢だ」

そうした結果、相場は上がるのです。手法ではなく自分の「なんとなく上がりそう」が合っているのです。

人って不思議なもので1度こういうことがあると、手法は絶対に信じれなくなります。そして「なんとなく」でポジションを取った取引で資金を取り戻すと、安心してまた手法どうりに取引を行っていきます。そしてまたいずれ負けだして

資金を取り返すために、「なんとなく」取ったポジションで「なんとなーく負けます」そして疑心暗鬼になり取引自体どうでもよくなり一発勝負で大きな掛けに出たりします。

基本的に無限ループです。w

ポジポジ病を克服したら月に10万稼げた元フリーター

fxで負ける方法は損大利小

fxを始める時ってみなさんどういう気持ちで始めるのでしょうか?おそらく9割以上の方が「稼ぎたい儲けたい」という気持ちからでしょう。

しかしこの気持ちが強い人ほどFXでは負けると言っても良いです。

そうなると9割以上の人がFXで負けてしまいますね。

この「稼ぎたい儲けたい」気持ちによって実際に行動として起こしてしまうのが

  1. 無駄なポジショニング(ポジポジ病)
  2. 損を確定させたくない(損切りできない)

この二つにつながります。

「稼ぎたい儲けたい」の気持ちが強すぎるために損切りできずに、ずるずると損を大きくしてしまうパターンですね。逆に利益が出ていると「稼ぎたい」気持ちが大きいために早く利益を確定してしまいます。

これが損大利小です。

これもポジポジ病と一緒でなかなか治らないです。わかっているけど「稼ぎたい」気持ちを抑えきれないことによるこれも病気ですね。仕方ないことかも入れませんがこれも克服してなんとか

損小利大

にしなくてはFXで負けていく一方でしょう。

これについてはプロスペクト理論を知ることによって意識的に改革できます。

プロステクト理論の実験例からわかる人の心理

プロスペクト理論の元となった実験は、カーネマンが「一つだけの質問による心理学(psychology of single questions)」と呼ぶ手法による。この手法は、心理学者のウォルター・ミシェル英語版が用いた方法を参考にしたものである。

例えば、以下の二つの質問について考えてみよう。

  • 質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
  1. 選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。
  • 質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
  1. 選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。

fxに置き換えてみると、目の前に利益が出ていると損失を回避するために利益を伸ばすことよりも損失を出してしまうかもしれないという恐怖から早めの利益確定をしてしまう。

逆に目の前のポジションが損失を出していると、損失を回避するために損を確定させない「損切り」をしない行動をしてしまう。結果損失が大きく膨らんでしまう。

この人の心理からfxで負けると言うのがわかる。では意識的に逆の行動を取ってみる

改善

FXで「稼ぎたくない」という意識で取引を行えば自然とプロスヘクト理論のおかげで勝てるようになる。

目の前に損失が出ていると利益を回避するために損失を伸ばすことよりも利益を出してしまうかもしれないという恐怖から早めの損失確定をしてしまう。

逆に目の前のポジションが利益を出していると、利益を回避するために利益を確定させない「利確」をしない行動をしてしまう。結果利益が大きく膨らんでしまう。

なんだか面白いがプロの投資家は損小利大は基本中の基本であるため、自然と行っていることである。

fxで負ける方は意識してこれを取り組むだけでも取引の仕方はだいぶ変わってくる。

なかなか最初は意識して損を増やそうということはできないかもしれないが、自分をコントロールすることによってもう一つ上の段階「精神コントロール」を行える礎になる。ぜひ習得してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)