バイナリーオプション転売で稼ぐ正しい使い方

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

バイナリーオプションの取引に「転売」って機能がある。ハイローオーストラリアの転売が人気ですね。

しかし転売で稼ぐとかそんな考え方してるといつまでったても勝てないし。中には「転売攻略法で稼ぐ」なんて記事も見かけて、いてもったてもいられなくなってしまった。

バイナリーオプションの転売を正しく理解し使うことによって効率よく稼ぐことはできる。勘違いしないで欲しいのが「転売」だけで稼ぐなんて考えは捨てて欲しい。

私自身はあまり転売を利用することはないが、良い機会なので、転売について追求していこうと思う。

1.転売とは

まず転売とはからいこう。この辺は知っている方などは読み飛ばして構わない。

バイナリーオプションの転売機能の定義から考えた時に、「損失を抑える」というのが大前提にしてある。

エントリーしてから終了時刻までの間に、負けそうだなと判断した時に、なるべく損失を抑える機能だ。

1.転売機能を使える取引時間

  • 1分ー転売できない。
  • 3分ー1分前までに転売可能
  • 5分ー1分前までに転売可能
  • 15分ー2分前までに転売可能
  • 1時間ー5分前までに転売可能
  • 1日ー10分前までに転売可能

となっている。30秒取引などはもちろん転売できない。1発勝負の取引となっている。

エントリーから終了時刻までが短い取引は、転売できないと考えていい。

ハイローオーストラリアでは、エントリーしてから「転売」というボタンが点灯しているので転売のやり方はすぐにわかるだろう。

2.転売した時の倍率

実際に転売を行っていくとどのような、計算で払い戻しされるのだろうか?

転売の時、いくら相場が大きくプラスの方向に動いていたとしても実際のペイアウト率以上の払い戻しになることはありません。

当たり前の話ですがペイアウト率以上の払い戻しがあれば、fxなどとなんら変わりない感じになってきますし。決められたペイアウトから動くことはないでしょう。

2.転売はやりすぎると口座凍結される?

一時期言われていましたが、結論からいうとハイローオーストラリアでは転売による口座凍結はない。

これは私自身がかなり前にハイローオーストラリアに問い合わせてみた結果だ。

「転売のやりすぎによる口座凍結や出金拒否はない」との回答をもらっている。

おそらく掲示板などから噂として広まったのだろうが、他の規約違反に触れていたりマネーロンダリングの疑いがあったりして出金拒否されていところ転売による出金拒否と勘違いしてしまった方がいたのだろう。

第一にハイローオースタラリア側から提供した機能を使いすぎで出金拒否されるなんて、どんなトラップカード発動だよと言いたくなってしまう。

それこそ闇のゲームである。

3.転売の攻略手法なんていらない。勝率が51%あれば良い

転売攻略法なるものを公開している方が数多くいらっしゃいますが、そもそもの話、転売について論点がずれていますよと、

「エントリータイミングを教えます。これとこのツールがこうなったらサインなのでここでエントリーです。あとは利益出たらすぐ転売で利確です」

アホなのか

そのエントリータイミングで勝てるのならば時間終了まで持っていればMaxペイアウト率がもらえるのになぜ転売しなければならないのか、

逆行して負けないうちに転売で利益確定するとかいうチキンな発想ではやってみればわかると思うが、稼ぐことはできない。

転売というのはそもそも損を抑える機能であって稼ぐための手段ではない。

時間終了までの勝率が70%ある手法があったとする。

残りの30%では負ける。

このエントリーしてから負けるであろう30パーセントの時に転売するのが正しい使い方だ。

70パーセントの勝ちでの配当率はMax稼げるが

30パーセントの時は転売しているため損失がMaxにならない。

もうわかると思うがこの考え方だと、勝率が50%の手法でも転売を上手く使うことによって稼ぐことができる。正しい言い方をすると

「損失を抑えることによって、利益の方が上回る」

ということになる。

実際のところ、ペイアウト率は1.8〜1.9倍のため勝率は50%では稼ぎづらいのでせめて60%は工夫して勝率をあげることが求められる。

転売とは決して利益が出ている時にすることではない。

4.正しい転売するタイミング

転売するタイミングはいくつかある。そのタイミングを解ってさえいれば簡単に転売を正しく使いこなすことができる。

1.予想が外れた時

これはまず当たり前の転売タイミングだ。エントリーしてから逆向きに相場が行き出した時、ほぼ時間内には勝てる見込みがないと判断した時に、損失を抑えるために転売を行う。

予想が外れたと見極められるかも重要なポイントになってくる。値動きが弱い通貨間でのバイナリーオプション取引では、予想がかなり外れた相場の動きをしていても実はわずか1銭〜2銭の開きしかなかったりする。

これだと状況や使っているインジケーターにもよるが、まだ勝てる見込みがあるため転売タイミングではない。

2.時間内に戻りそうにないとき

エントリーから予想が外れてしまった後に、転売するか迷ってしまい時間内に戻りそうにない相場のゆるい動きだと判断すれば転売していいだろう。しかし勝てるかもしれないという微妙なところならば勝ちを狙っていきたい。

よくこの辺は私も判断に迷う時もあったが、基本的に今は勝率70パーセント以上をキープしているので私の場合は勝ちを狙っていく。

勝率がまだまだ低いのであれば、転売でも良いだろう。この辺は個人での勝率や損得勘定の価値観によっての裁量で良い

3.ペイアウト率が1.8倍を超えたら

エントリーしてから予想以上に相場が自分のプラスの方向に動けば限りなく時間終了時刻と同様のMAXペイアウト率に近くなる。

そんな時は迷わず転売していいだろう。これは終了時刻まで待っていてもほぼ勝てるであろう取引になるが、

この「ほぼ」がたまに牙をむく時があるのでサクッと勝ちを確定しておくのがベターだ。ペイアウト率もほぼMaxなので、終了時刻がきて勝てていたとしてもなんら大差ない配当なので気にする必要もない。

5.携帯のスマホアプリでも転売はできる

スマホからでもなんの支障もなく取引はできる。それは転売機能も同じだ。実際に転売をスマホから行ってみた。

これはUSD/JPYの1時間取引になる、mt4でチャート確認も何もしていないが、ちょうどレンジにあたって突破しようかどうかというところだと判断できる。しかしその前に2度同じ場所で跳ね返されているので強いレンジだと判断して逆張りのLOWに50.000円betした。

「ペイアウト1.89」と書いてある横に小さく

「転売」というボタンが見える。まずそのボタンを押して転売確定のボタンをもう一度押せば転売完了となる。

エントリーしてから予想どうりすぐ跳ね返されて、今転売すれば4000円ほど利益が出ることになる。

携帯のスマホからでも十分転売機能はスムーズに行えた。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)