スキャルピングに最適なインジケーター【13選】+α

スキャルピングでどのインジケーターを使って良いのかわからないと言う方にぜひここにあるインジケーターを使ってみることをオススメします。

インジケーターは無数に存在するので、自分で検証しながら自分に合ったインジケーター発見してください。

スキャルピングにおすすめインジケーター

ボリンジャーバンド

MT4に標準装備されているインジケーター。使いやすく。

順張りにも逆張りにも使える万能インジケーターと言える。

Support and Resistance

MT4上にレジスタンスライン&サポートラインを表示させるインディケーターです。

自分でレジスタンスラインやサポートラインがどこに引いていいかわからないという方や、引くのがめんどくさいという方にオススメですね。

Support and Resistance.mq4

 

Volatility Quality

「VQ」は色々と他にもありますが、、こレはメインチャート上に色と「矢印」でそのポイントを表示させるバージョンです。

反応が早く騙しに会う時も多いので、他のインディケータとの組み合わせで使用してください。

VQ2

 

MACD-Crossover_Signal

MACDのクロスでのエントリーポイントを矢印と色で知らせてくれるインジケーターです。

しかしこのインジケーターの矢印に従ってエントリーするだけでは必ず損失が多くなるので、【検証済み】

必ず通貨の強弱や、大きな時間足での流れを確認しながらエントリーしていきましょう

ディフォルトでは「緑」が上昇トレンドを、「赤」が下降トレンドを示します。

MACD-Crossover_Signal

 

RCI_three.ex4

このインジケーターではサブウインドウに3本のラインを表示させ、トレンドの流れを確認できるインジケーターとなっています。

黄色が長期、赤が中期、青が短期線になっています。

スキャルピングでは長期戦でトレンドを確認し、その方向に短期線や中期線を見ながらエントリーしていきます。

RCI_three.ex4

 

FerruFx_Trend+

サブウインドウに移動平均線、CCI、MACD、ADX、ブル(ベア)の状況が一目で分かるインディケータ。マルチタイム対応なので、多くのテクニカル指標が一致した時にエントリーを試みるには分かり易いインディケータです。

FerruFx_Trend+

 

TD Sequential.ex4

FXのローソク足で『9』と『13』という数字に着目した手法があるのを知っていますか?

トーマス・R・デマーク氏という方が考えたローソク足を使った手法になります。そしてこのインジケーターはロウソク足の上に「9」が出現したら小規模のトレンド転換、そして「13」が出現した際は大きなトレンド転換時として
使われます。

しかし数字の『9』や『13』が出る前に転換することも多いので他のインジケーターとの組み合わせが必要になってきます。

TD Sequential.ex4

 

xMeter_Indicator

 

このインディケーターは各通貨の「強弱」をメーター表示してくれます。

強い通貨、最弱な通貨の場所を選べばトレンドフォローしやすくなります。画像ではJPYが強くEURが弱いので、

ユーロ/円の通貨で取引を行っていきます。

トレンドフォローまたはオシレータの両方に使い分かることも可能です。

xMeter_Indicator

NB-channel

 

このインジケータは自動でチャンネルラインを表示することが可能で、抵抗線、指示線の中間線も表示するため、目先の「押し目」や「戻り」目途に使うことができます。

MT4のパラメータ欄で、色、ラインの太さ等も変更可能です。

NB-channel.ex4

EMAとRSIによってシグナルを出す「sidus_v3」

 

2本のEMAのクロスとRSIのフィルタリングによってシグナルの出るインジです。

EMAやRSIのパラメーターの変更も可能で、好みに応じたロジックでシグナルを出すことが出来ます。

シンプルなシグナル系インジですが、トレンドが出るとやはり強いです。
RSIのフィルタリング具合で更にダマシも軽減できるので、使い方次第では化けるインジかと思います。

リペイントはしません。

sidus_v3のダウンロード

損小利大型のスキャルピング用インジ「instant-profit-scalper」

 

損小利大のシグナルを出すインジです。

名前の通りスキャルピング用ではありますが、どの時間軸でも通用します。

ただし、レンジ相場に弱い傾向があります。
動きの悪い時間帯や通貨ペアを避けて、ダイナミックに動く時に使えば利益は出しやすいでしょう。

instant-profit-scalperのダウンロード

color rsi with ema

 

RSIに移動平均線が表示されるインジです。

また、RSI自体にも仕掛けがあって、デフォルトでは50を上回ったら緑色に、逆に50を下回ると赤色に表示されます。

移動平均線やRSIのパラメーター、そして色の変わる値は任意で変更できます。
更にマルチタイムフレーム機能やラインの色が変わるとローソク足チャート上に矢印のサインがを出すことも出来ます。

color rsi with emaのダウンロード

ZigZag_DowT

 

MT4に標準で入っているZigZagをベースにして、ダウ理論を組み込み、トレンド転換やエントリーポイントでサインが出るインジです。

トレンドの転換は青色、もしくは赤色の矢印が示し、白色の矢印でエントリーとなります。
矢印出現時はアラートを鳴らすことも出来ます。

ダウ理論でトレードしている人の中にもジグザグを参考にしている人は多いと思います。
そんな人にはかなり有効なインジだと思います。

ZigZag_DowTのダウンロード


スキャルピングシグナルインジケーター

秒速スキャルFX

これまでの秒スキャFXは、トレンド相場のみを狙って、
利益を積み重ねていくスタイルでした。

ですが、今回新たに追加された「レンジ相場」攻略のノウハウを活用すれば、
より効率的に利益を上げることも可能に。

トレンドにもレンジにも強いスキャルピングシグナルです。

特典付きで購入する>>

特典の内容について>>

The Secret FX

インジケーターの組み合わせではなく複数のロウソク足の形によるシグナルを出してくれるツールです。ロジックは「酒田五法」を使っているとみられます。酒田五法の中でも勝率が高い形をシグナルに出している部分とオリジナルのシグナルがあります。インジケーターの組み合わせでつかれた方には新しい発見にもつながるでしょう。

特典付きで購入する>>

特典の内容について>>

ProEX

決済専用のEAになってます。「裁量重視のトレーダーには買っておいて損はない」ツールです。何かそれ意味あるのか?って思う方が多いと思いますのでどこが優れているのかをまとめた記事を読むと良いです。

簡単に説明するとMT4でもOCOを使って決済指値や逆指値がありますがProEXは自動決済のみに特化したツールです。

なぜ裁量トレーダーに重宝するのかと言いますと、水平ラインやトレンドラインを引くことは多々あるかと思います。ProEAではその引いたラインがそのまま決済ラインとして設定可能というわけです。

これがどれだけ便利かは中級者や上級者にはわかることでしょう。詳しい説明は販売ページを確認してください。

特典付きで購入する>>

特典の内容について>>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)