マーチンだけでバイナリーオプションに挑んだ結果

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

はじめに言っておくが私はマーチンが嫌いだ。しかしある条件を満たせば十分に有効な手法になりえるのがマーチンでバイナリーオプションに挑んだ結果からわかった。

ここでは、マーチンについて危険なことや、リスク、メリットなども踏まえながら実戦での結果を記事にした。

マーチンゲール法とは

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

ベッティングシステム – Wikipedia

計算上は勝率100パーセント

マーチンゲルは勝つまで倍プッシュを永遠とおこなうことなので、実質勝率は100パーセントです。

途中の負けは勝つまでの布石なので、勝つまでが一連の手法といえますね。なので勝率は100パーセントです。

マーチンを使った時のバイナリーの落とし穴

「落とし穴」の画像検索結果

マーチンをバイナリーで試すとかなり有効そうですが、実は落とし穴が存在します。

それが取引額の上限です。

ハイローオストリアなどは取引額の上限が20万円までとなっており、

マーチンで「勝つまで」というのは不可能になっています。

取引額の20万円までにマーチンを行える回数は8回です。

バイナリーでの勝った時の倍率がだいたいどこの業者も1.8倍なので、マーチンの賭け方は微妙な数値になっていきますが、

バイナリーのハイローオーストラリアでマーチンを行えば、8回目に必ず勝たなければ負けが確定します。

20万を2本連続してエントリーそれば40万の取引を行うことはできますが、

たまに2本目が弾かれたりして、同時にエントリーできなくタイムラグが発生してしまい、1本目は勝ったが2本目が負けた。

ということにもなりかねません。

なので、バイナリーオプションでマーチンをした場合、8回目に勝てなければ実質破城することになります。

バイナリーオプションでの連続負けは何回までありえるのか?

バイナリーオプションで上か下かの二択を何回連続で外すことがあるのか?

知恵袋で「バイナリーで15連敗中です。どうしたら勝てますか?」というような

衝撃的な質問がありました。

2択を15回も外す確率は約0.003%です。

それがありえてしまうのがバイナリーオプションの怖いところですね。

マーチンで勝つには

8回の取引の中で必ず勝たなくては、マーチンで資金を増やすことはできません。

1回の9連敗で、それまで増やしていた資金もたった1回で溶けてしまうのです。

そこで大事なのは1回目あるいは2回目での勝率の高さです。

適当にハイ&ローを繰り返していってもそれなりに勝ち続けられるマーチンですが、9連敗をなくすためには1回目のエントリーからの勝率を高めるしかありません。

例えば勝率60%で9連敗する確率は0.15%

勝率70%の手法なら0.11です。

これでも安心はしきれませんが、しょうがないですね。

勝率を高めるということは、かなり鉄板の場所でエントリーするということになります。

ですがそんな鉄板の勝ちやすい場所はなかなか現れないのです。

これはマーチンで取引するには向いていません。なぜならマーチンではコツコツと資金を増やすため1日に何度もエントリーしなければ資金がなかなか積み上がっていきません。

1日で5回ほどしか現れない鉄板場所ならば、

勝ちの利益が800円になるので、

1日中張り付いて4000円しか資金が増えません。

それではマーチンを取り組む意味がありませんよね?

何回、何十回も取引をするかわりにコツコツと資金を積み上げていくのが、

マーチンでバイナリーに取り組む醍醐味だからです。

しかし、勝率をなるべく下げたくありませんよね?

そこで私が考えたのが1回目のエントリーより、連続して2回目3回目の勝率がどんどん高まる手法で試してみることにしました。

これなら比較的エントリーポイントも多くなりました。まぁ勝率は微妙な感じでしたが。

あともう一つの手法も試してみました。それは物凄くエントリーポイントがあり、その代わり9連敗もかなり高まりますが、

1日の資金を増やす金額を決めてるか、取引する時間を1日2〜3時間にするなどをすれば良いかなと思います。

実践

一つ目の手法では3日間取引をおこなった結果

+約6万

二つ目の手法は3日間取引をおこなった結果

途中までは+12万円

3日目に9連敗をし、それまで積み上げた資金を合わせると

−8万円になりました。

マーチンはやっぱめんどくせぇなぁw

3日間しか取引していないので最初の手法はプラスで終わっていますが

プラスが20万円を超えるまではマーチンでの本当の勝利はないです。

なぜならば1回の9連敗で20万円が溶けるからです。

マーチンで20万円稼ぐのに必要な取引回数は250回です。

251回目からもし9連敗したとしてもトータルでの利益はプラスになります。

それまでになんとか251回目の勝利を掴むまでは負けられませんね。

二つ目の手法は物凄い勢いで資金が増えていきますが、やはり取引回数が多いのはそれだけリスクも大きく、

251回目の勝利を迎えることなく、9連敗をしてしまいました。

最後に

みなさんもマーチンをするときは250回以上勝つことを目指してくださいね。それまでの勝ちは本当の勝ちではないですから。

勝率が高い手法でも取引回数が少なくては意味もないので、その辺の匙加減が難しいですが、

なるべく勝率が高く取引回数が多い手法ならマーチンを使い、勝率100%にしても良いと思いますよ。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)