レバレッジでのリスク。破産した人の末路

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

FXでのレバッレッジは投資において絶大な力を発揮しますが、その絶大な力の反面でその力の魅力に取り憑かれてしまい、レバレッジで破産までしてしまった人は数多く存在します。

私がFX初心者だった頃、FXを教えてくれた人がいたのですが、その人もレバレッジの力を過剰に使いすぎて破産し、今はもういません。

レバレッジで破産した人はどうなってしまうのか?自己破産できるのか?

そんなことを今日はポツポツ語っていきたいと思います。

レバレッジとは【FX最大の魅了】

FXでのレバレッジは取引において欠かせないサービスと1つです。どおいうものかというと、少ない資金で大きな取引が可能になるというのがレバレッジです。

例えばですが100万通貨分の取引を行おうとすれば、必要な資金は約1億円【1ドルあたり100円の場合】必要となります。

100万通貨もの単位を保持していれば、1ドル100円から101円になった場合、100万円利益が出ることになります。

しかし資金が1億円もある人はそうそういません。そこでレバレッジというのが役に立ちます。

「レバレッジ」の画像検索結果

レバレッジは「てこの原理」を想像してもらえればわかりやすいのですが、レバレッジ100倍を利用した場合、

100万通貨単位における必要資金は100万円で済んでしまいます。

レバレッジを利用すれば、資金が少ない方でもFXで大きな取引が可能になっているというのが最大の魅力です。

国内での最大レバレッジは25倍ですが、海外業者では800倍などのレバレッジもあるため、少ない資金で大きな利益を得ようとする人は海外業者を使っています。

レバレッジ1倍と10倍のリスクの違いは?

よくFXで絶対安心な取引をするならどうすれば良いですか?ということを聞かれるのですが、

究極はレバレッジ1倍で取引をすることです。

FXで一番の魅力であるレバレッジを使わないことが、FXで安心安全に取引することになります。

まずなぜFX取引で損をしてしまうのかというお話をすると、

10万通貨保有したい場合1ドル100円で買った通貨が1ドルあたり99円になった時

10万円の損が発生していることはわかると思います。

しかしここで損を確定しなければ、まだ実際にはあなたは損をしていないということになります。

そのあと1ドル101円になった時、あなたは10万円の利益が発生していることになります。

この時に10万通貨単位で保有している通貨を手放した時、初めて10万円の利益が確定します。

そこで考えるのは「じゃ買った時よりも高くなるまでじっと待っておけばいつかは絶対に利益が出るしFXで損しないじゃん!」

と、思うわけです。ですが実際に10万通貨をレバレッジ1倍【なし】で取引しようとしたら必要な資金は1000万円も必要になってきます。

そんな大金あなたは用意できますか?

1万通貨の取引を行う時でも100万円必要というわけです。

10倍のレバレッジを使った場合、1万通貨を保有するのに必要な資金は10万円となります。

「じゃあそれでずっと買ったときよりも値段が上がるのを待っておけば良い」

ということにはならなくなってしまいます。

1ドル100円で1万通貨保有した場合

1ドル89.9円になった場合、損益が10.1万円になりますよね?

資金が10万円しかない場合、ここでストップロス【強制決済】がかかり、

ー10万円の損が確定してしまいます。

レバレッジ1倍ならばたとえ1ドル1円になったとしても保有し続けれますが

レバレッジ10倍の場合、資金に応じて耐えられる値が決まってしまいます。

レバレッジ100倍あるいは200倍などに破壊力がこれでわかると思います。

最大レバッレジで天と地獄?

一時期、私もFX初心者の頃に資金が少なかったために海外の業者を使い、大きなレバレッジで取引をしていました。

さらにボラリティが大きいユーロやポンドといった通貨での取引をしていました。

FXを始めた頃の資金は10万円ほどでしたが、みるみるうちに100万円を超える利益を得ていました。

しかしそんな甘い世界ではなく、1ヶ月かけてちょこちょこ増やした利益も一瞬でけし飛ぶことが起こりました。

いつもの通り寝る前に損切り設定をして寝床についた私ですが、朝起きてチャートを確認すると、チャートがかなりの暴落をしており、

「あー損切りされて、5万の損失だなぁ」と思っていたら。

赤い文字で含み損中のポジションがある、、

なんだこれ?と思っていたら、私の損切りラインがうまく機能しておらずそのままポジションを保有したままになっており

もうすぐ資金もマイナスになるというところまできていました。

今でも思いだいますが一気に冷や汗が出たのを覚えていますね。足がふわふわし、変な感じでしたよ。

そのあと泣く泣く手動で損切りをし、1ヶ月かけて稼いで利益もなくなりました。

たまにあることらしいのですが、当時の私は損切り設定にかなりの信頼を寄せており損切り設定さえしていれば安心と思っていたのですが、

値動きがとんでもなく早い場合、設定している場所をすっ飛ばしていくため、損切り設定がうまく昨日できずにそのままポジションを保有したままになるということも多かったようです。

私と同じ体験をした方がこの日、多かったです。

FXでの借金の種類

FXでの借金と言いましても複数のパターンがあります。

強制決済が聞かずに追証を課せられるパターン

最初の資金がないために消費者金融で借金をし、FX取引をして作った借金

まだ1つ目のはわかりますが、2つ目のはとんでもなくダメなパターンです。

あまり消費者金融で借りてまでFXというのは聞きませんが、

こういう人はどっちにしてもFXで利益を得ることは無理でしょうね。

FXは自己破産はできない?破産した場合

FXで作った借金は自己破産ができません。1000万円借金をしてしまった場合。一生かけて借金に追われます。

と言われていますが、実はよほどのことではない限り自己破産できます。

破産法 第252条第2項

前項の規定にかかわらず、同項各号に掲げる事由のいずれかに該当する場合であっても、裁判所は、破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは、免責許可の決定をすることができる。

破産法の中で裁量免責させてもいいよという項目があり、FXでの自己破産もこの裁量免責を用いて、自己破産させてくれます。

それを知らずにFXで何人電車に飛び込んだか。。

ですが自己破産できないパターンももちろんあります。

それはお金を借りてFX取引をしてしまった人です。これは悪質であるために自己破産させてもらえません。

FXでの破滅する人の最終形態はこれでしょうね。

最後に

FXでの最大のリスクはレバレッジによるものですが、レバレッジなくしてFXの魅力は語れません。

FXをどうしてもやりたいのであればなるべく自力で資金をためて臨みましょう。

勝率75パーセントを超える手法が完成しました。誰にでも再現でき稼ぐことが可能になっています。 口座凍結したのでバイナリーオプションの稼ぎ方を伝授しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)