投資初心者の始め方。リスクを知ることによって未来の利益が変わる

投資初心者が投資を始める前に知っておくべきことがあります。その下準備によって投資を行う始め方も変わってきます。

たとえば、あなたは10万円を資金として持っているとします。

株式投資の世界に入る準備は整っているとします。しかし、

まず株や債券の世界に入る前に、あなたが考慮する必要があるいくつかのことがあります。

最低限の投資家にとって最大の考慮すべき点は1つ

投資すべきものだけでなく、投資についての方法もあります。

数の多くの検討事項の中で、最低限の資金力制限、手数料、株投資をはじめるにあたって必要性に惑わされているかもしれません。

この記事では、投資家としてのスタートアップを紹介し、

費用を最小限に抑えて収益を最大化する方法を紹介します。

経験の浅い投資家にとって、投資は簡単に思えるかもしれません。

私もそうだったのですが、チャート画面を見ていると、下がっているところで買い

上がったところで売ればいいじゃん!簡単だな!

と、なんどもおもったものです。w

まずはじめに投資初心者がやるべきことは、証券会社で口座を開設することです。しかし、知らないかもしれませんが、すべての金融機関に最低預金要件があります。

言い換えれば、ある金額を入金しない限り、証券会社はあなたのアカウント申請を受け入れないということです。10万円ほどの小さな額で、あなたが口座を開けないようにする企業もあります。

ネット証券の出現

オンライン取引の出現により、最低預金制限のない(または非常に低い)証券が多数でてきた。

最も人気のあるオンライン取引サイトの1つは「SBI証券」だといえます。

「SBI証券」の画像検索結果

【2018年】ネット証券人気ランキング!

そのため、かなり少額の資金からでも参入しやすくなり、カモたちがわらわらと参入してくるのです。

貴方がカモにならないためにしっかりと株投資の原理をりかいしておかないと、なぜ取引している株が上がるのか下がるのかわからないまま資金が底をついて

株式市場から退場することとなってしまいます。

投資のコストを考える

手数料

ほとんどの場合、取引をするたびに、(手数料によって)お金がかかります。限られた資金量では、これらの取引手数料は実際にあなたの資金を苦しめる可能性があります。

たとえば1つの取引でなら手数料もそれだけですが、リスク分散のために5社の株を買ったとすると

5つ分の取引手数料がかかってしまうわけです。まぁあたりまえですよね。

あたりまえなんですが取引手数料も取引数が重なってくると、馬鹿にできない金額になってきます。

そのへんも考慮しながら資金を用意しておきましょう。

多様化に伴うリスク

リスク分散は投資の唯一の技であると考えられています。一言で言えば、一連の資産に投資することで、ある投資の業績が深刻な損害を出したとしても他の取引している株式が順調な業績が出せていれば資金のリスクを軽減できます。あなたの全体的な資金は守られるというわけです。

多様化の観点から、これを行う上での最大の困難は株式への投資から来ることです。

しかし10万円の資金では、分散して株を持つことはほとんど不可能です。

まず、1〜2社に投資する必要があるかもしれないことに注意してください。これにより、リスクが増加します。

大きなな未来向けた小さなステップ

わずかな資金でも、始めれば投資が可能です。

適切な投資(それ自体では難しい業績)を選択するだけではなく、新しい投資家として直面するリスクを認識する必要があります。

最低限の最低入金額を見つけて、他のブローカーと手数料を比較するには、いろんなネット証券を比較しなければなりません。

それが初心者投資家が初めにしなければならない最初の勉強だといえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)