バイナリーオプションおすすめ時間軸手法を公開

よくバイナリーオプションではインジケーターの組み合わせの手法。有料無料ツールの手法などがあり、私もいくつか紹介する記事を書いていますが、今回は時間軸だけに着目した手法取引を試してみたので、記事を書いていきたいと思います。

各市場が開く時間

相場の市場には各国の人が関わってくるため、それぞれの市場があります。

大きな市場だけとりあえず把握しておきましょう。

  • 東京市場9~17時
  • ロンドン市場16~24時
  • ニューヨーク市場22~6時

各市場には値動きの特徴があり、簡単に言うと東京時間はレンジになりやすく

ロンドンでは一定のトレンドが発生し、ニューヨークー時間では、荒波が発生します。

特異な時間帯を研究することも大事なことです。闇雲に取引を行っていては初心者の域だということを自覚しておきましょう。

時間軸の手法

私がまだすごく若い頃によくFXで使っていた手法なのですが、朝の東京時間になった瞬間にロング(買い)で必ずエントリーをするという手法です。

いろんな手法を使っている中で試しに毎日東京時間にロングでエントリーするというのを行っていました。

これはなぜ東京時間でロングで入るのかというと、東京の市場が開くので基本的には日本の企業などが海外のものを仕入れたりするために円をドルに変えるため、ドルが買われロングになりやすいためです。

もちろんそれだけではありませんが、毎日チャートをチェックしていると東京時間が始まると値は上がることが多いと言えます。

もちろん負ける日もあるため、負けを少なくするために9時から10時までの流れで早めに損切りをするか、利益確定をするか決めます。

この辺は各自の裁量になってしまいますが、各自の裁量で流れを決めてください。

9時にロングでエントリーしダメそうなら売却して損失を減らす

バイナリーオプションでは勝てそうになかったら途中で損切りもできるシステムもあります。

正確には売却なのですが、今までは勝つか負けるかの二択だったものが、この負けそうになったら売却というのがかなり有利に働くようになりました。

とりあえず朝9時にエントリーし、9時半頃まで様子見をし、値が上がってこなければ早めに売却し撤退します。

9時半までにだいたい安心して勝ちを待っておけるか、微妙なら即売却を続けていくだけです。

1年年ぐらい続けてみて、プラスは確か20万円ぐらいでした。

毎回1万円掛けぐらいでした。まぁかなり利益は微妙ですがこういう利益が出やすい手法をいくつも持っておくと

いつか使えなくなったとしても他の手法が稼いでくれるということになりますので、手法はたくさん持っておくに越したことはありませんね。

まとめ

とりあえず1つだけ時間軸だけを利用した手法を紹介しましたが、ヨーロッパ時間での手法やニューヨーク時間での手法など時間だけで考えた手法は結構ありますが、

とりあえず今回はわかりやすすぎる手法を後悔することにしました。

やることは朝9時に買いでエントリーし9時半に売却するかそのまま10時になるのを待つだけです。

ちなみにバイナリーでのエントリー時間は1時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)