FX休日 を詳しく知ろう

 為替取引は土日を除く24時間取引ができます。祝日も取引が可能です。一週間は、日本時間の月曜日早朝から始まり、土曜日の早朝までとなっています。取引時間はFX会社によって違いますが、国内FX会社の多くは、次の時間帯で取引ができます。

開始時間

終了時間

夏時間

月曜日 午前7:00

土曜日 午前6:00

冬時間

月曜日 午前7:00

土曜日 午前7:00

日本時間での表記

この時間帯以外は、チャートは止まり取引もできなくなります。

  • 世界の為替市場


 世界3大市場と呼ばれるのは、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場です。各市場の取引時間の目安は次のようになります。

市場名

取引時間(日本時間)

東京市場

午前9時~午後7

ロンドン市場

午後5時~午前3

ニューヨーク市場

午後10時~午前7

 為替市場の取引時間は厳密に決まっているわけではありません。それぞれの都市のトレーダーが活発に取引する時間帯を、その市場の時間帯目安とされています。

 24時間を通してどこかの市場が動いているので、24時間だれでも市場に参加することができるわけです。

 上に挙げた市場以外にもウエリントン市場(ニュージーランド)があります。ここは月曜日の日本時間早朝にオープンするので、一週間の始まりがウエリントン市場から始まります。それに続いて東京市場がオープンします。

 また、中東にはバーレーン市場というのがあります。イスラム圏では金曜日が安息日なので、市場が閉まります。その代わりに、土日が開いているという珍しい市場です。土日に開いているとはいえ、この市場の取引量はあまり多くありません。欧米やアジアの全てがクローズしているわけですから、わずかな値動きにとどまっています。

  • 週明けの窓


 月曜日早朝の始値が、金曜日の終値からずれてはじまることが時々あります。これは通称「窓あけ」と呼ばれます。

これはバーレーン市場で為替が動いているからです。特に、土日の間に世界で大きなニュースがあると、月曜日のチャートに窓ができます。レートが飛んでしまうのです。

 チャート上の窓に関は、投資家心理から「窓埋め」が行われることが多いと言われています。

一旦窓と呼ばれる空白ができても、しばらくしてからその窓が埋められると考えられています。なかには、この「窓埋め」を狙って月曜日の朝にトレードする人もいます。

しかし、この窓は必ず埋められるわけではありません。何日も、何か月も埋まらず、そのまま開いたままということもあります。

ですから、短期的に「窓埋め」を狙っていくのは注意が必要です。

 また週末にポジションをもったまま月曜日を迎えるというときも、週明けの窓に注意が必要です。土日に大変重大な事件が起こった時には、かなり大きくレートが飛びます。

月曜日の朝チャートを見てびっくり!ということのないよう、しっかりと資金管理をしておいた方がいいです。

  • サマータイム


 欧米を中心とした国はサマータイムを導入しています。サマータイムは、夏に時計の針を一時間進めるものです。

 例えばアメリカの場合は、3月の第二日曜日から、11月の第一日曜日までサマータイムを採用します。それ以外は冬時間と呼ばれ、時計の針を一時間元に戻されます。

 つまり、ニューヨーク市場の取引時間は、サマータイムなら日本時間午後10時から午前6時までです。冬時間なら、日本時間午後11時から午前7時までとなります。

サマータイムは、日本、香港、シンガポールなどのアジアの国々では採用されていません。

  • 祝日や年末年始


 為替市場は、祝日や年末年始は開いています。但し、日本のFX会社は大晦日と元旦はお休みの会社がほとんどです。

祝日については、東京市場であれば日本の祝日に合わせてクローズになります。しかし、他国は日本の祝日でも開いているので、為替取引はできます。

 もし日本の祝日に取引をする場合は、東京市場の時間帯は取引量が極端に少なくなりますので、注意して下さい。

同様に、アメリカやイギリスなどそれぞれの祝祭日の日には、それぞれの市場がクローズされます。何か相場が動かないなあと思ったら、外国の祝日だったということがよくあります。それぞれの国の祝日は確認しておいた方がいいでしょう。

特に欧米は祝日に仕事をする習慣があまりありません。日本であればまだ休日出勤が珍しくありません。しかし欧米のトレーダーは休みはしっかり休む習慣があります。

クリスマスの市場は閑散としています。欧米ではクリスマスから元旦までクリスマス休暇に入る人が多いです。よってクリスマス前の12月は相場がとてもよく動きます。クリスマス以降は静かになります。

 また年末年始は、日本のFX会社であれば大晦日と元旦が休みになります。但し、それ以外の年末年始が開いているといっても、スプレッドが普段の何十倍にも広がることがあります。年末年始の取引には、スプレッドに注意してください。

 このように、為替取引は、土日、大晦日、元旦をのぞいて毎日取引ができます。

FX スキャルピングしやすい時間は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)