オシレーターとは 億を稼ぐツール

オシレーターとは、テクニカル指標の一つです。オシレーターの意味は、「振り子」「振り幅」です。オシレーターのインディケーターでは、買われ過ぎ、売られ過ぎを分析することができます。

主に、順張りでなく逆張りで利用されることが多いです。またトレンド相場よりも、レンジ相場に向いています。

それでは、代表的なオシレーター系指標をいくつかご紹介します。

RSI(Relative strength index)


RSIは、Relative Strength Indexの略で「相対力指数」と呼ばれています。相場の「売られ過ぎ(Over Sold)」や「買われ過ぎ(Over Bought)」を測定するテクニカル指標です。

RSI0から100までの数値で表されます。これをチャート上のローソクと照らして見ていきます。

一般に、RSIの指標が7080以上だと買われ過ぎ、2030以下だと売られ過ぎと言われます。

RSIは長期相場を見た場合には精度が高い指標です。しかし、短期相場では「だまし」も多いです。そのため、トレンド系のテクニカル指標と併用しながら分析するのがいいと言われています。

ストキャスティクス


ストキャスティクスは、「買われすぎ」、「売られすぎ」を示すテクニカル分析です。現在のレートを過去の一定期間の値動きと比較し、100%に近ければ近いほど、現在のレートが買われすぎとなり、0%に近ければ近いほど、レートの売られすぎと判断されます。

ストキャスティクスには「%K(パーセントK)」と「%D(パーセントD)」、「SlowD(スローパーセントD)」の3つの線があります。「%K」は反応が早い分、ダマシも多いという欠点から、「%D」、「SlowD」の2本の線を利用した「スローストキャスティクス」を同時に見ていくことをおすすめします。

見方は上部70%が買われ過ぎゾーンなので売りサイン、逆に30%が売られ過ぎゾーンなので買いサインとなります。

RSIとの違いは、%K線、%D線とラインを二つ使うことです。

MACDMoving Average Convergence and Divergence


 MACDは「移動平均収束拡散手法」という意味です。1979年にジェラルド・アペルによって開発されました。

これは移動平均線をベースに2本のラインの乖離を表示したテクニカル指標です。サインの読み方が非常に簡単で誰でもすぐ使えインディケーターとして人気があります。

基本的な見方は2本の線のクロスです。ゼロラインの下で、MACDラインがシグナルラインを下から上にクロスして抜ければ買い。これを「ゴールデンクロス」といいます。

逆にゼロラインの上で、MACDラインがシグナルラインを上から下にクロスして抜ければ売り。これを「デッドクロス」といいます。

また2本のラインがゼロラインより上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドです。

 MACDでは相場の転換点が一目でわかるのが便利です。また、MACDダイバージェンスを使えば、さらにトレンド転換を掴むことができます。ダイバージェンスは「逆行現象」という意味ですが、価格の上昇に対して、MACDが逆に下降している時、トレンドの転換サインと見ることができます。

 一方、MACDの欠点は、たとえばもち合い相場では小さなゴールデンクロスやデッドクロスが出現しやすくダマシが多いことがあります。サインとしては弱く、信頼性に欠けるものが多いのです。また移動平均がベースのため、急激な上昇や下落にはついていけないことがあります。

モメンタム(Momentum


モメンタムはオシレーター系指標です。モメンタムの意味は、「勢い」や「はずみ」という意味です。したがってモメンタムでは相場の勢いや相場が反転する時の水準の目安を推測できる指標ということになります。

 また、モメンタムは先行指標と呼ばれています。先行指標とは現在の値動きよりも先に動くテクニカル指標です。

モメンタムの計算式は【当日の終値―n日前の終値】となります。通常このn日に10日や25日がよく使われます。週足では9週や13週が利用されています。

モメンタムには中間にゼロラインがあり、指数がここにあれば、設定した数日前のレートとほぼ同じ水準ということになります。

使い方は極めて簡単であり、指数がプラス圏であれば基本的に相場は上昇ラインを示しています。逆にマイナス圏にある時には下降トレンドとなります。よって、指数がゼロラインを抜けてきたら上昇トレンドに転換したと判断できます。

逆にゼロラインを下抜けした場合には下降トレンドとなっていると判断できます。

ただ、短い時間足で見ていますと、一時的に押し目がある場合でも同様のサインがでるので、注意が必要です。

mt4で初心者にオススメのインジケーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)