FX初心者の頃の失敗はデイトレ手法だった。損切りができなかった理由

FX 初心者の頃は何が正しい手法なのか、何がダメな手法なのか。色んなことがわからないだらけであることだて思います。

そんな人に少しでもFX で少しでも役に立つ情報を与えたいので、私が失敗した例を書いていきたいと思います。

失敗ばかりのデイトレ手法


やはり始めの頃はすぐに稼ぎたいという気持ちが非常に強かったです。なので自然とデイトレになってしまいますよね?

こういう方は多いと思います。私もそうでしたから、

何故ならその日で利益を確定して、少しづつ資産が増えていくことに喜びを感じますし、なにより達成感がありますよね。

ですが実際には資金が増えることはおろか、減ることばかりで焦燥感に駆られる毎日でした。

その時はFX で億万長者になってやると思い、半端に取り組むからダメなんだよ世間のみんなわ

と、思っていたのでいきなり専業で始めましたね。

まぁただの馬鹿ですね。笑

移動平均線の手法、失敗例


初心者の頃の私はとりあえず色んなインジケーターを合わせて取り組んでいましたが、使い方や意味もわからずにMT4に出しては、それだけで稼いでる気持ちになり、達成感があったのを覚えています。笑

好んで使っていたのが移動平均線でした。

移動平均線でのゴールデンクロスやデッドクロスのサインだけでぶっちゃけ勝てるでしょと思ってたのですが、いざやってみると

あれ?サインが確定したらそこがトレンドの終わりだった、、、

ということが何度もあり、疑心暗鬼になり

じゃあサインの逆を行けば勝てるなと思い、取り組んで行けば

そのままドーーン

と、トレンドの方向に進んでしまうという最悪のケースでFX での1度目の退場をよぎなくされました。。

今思えば資金管理もできていませんでしたね。

今では移動平均線だけでも勝つ自信はありますが、これは経験値が今と昔ではかなり違うからだと思います。

初心者の方は移動平均線主体の手法なら騙しも多いので、騙しのパターンを分析したり、トレンドの強さを測るインジケーターを組み合わせたりするのをオススメします。

スキャルピングの手法、失敗例


移動平均線での手法で退場した私は2回目のFX での参加はスキャルピングでいこうと思い実践しました。

スキャルピングも人気の手法ですが、スキャルピングにもいろいろなやり方があります。

1分足メインなのか5分足メインなのか、ボリンジャーバンドを使った反発を狙うのかRSIを使うのか、隔離幅なのか、、、

本当に組み合わせで様々なやり方が存在します。

様々な方がスキャルピングを推奨していますが、私は初心者だからこそスキャルピングはやめておいたほうが良いと考えます。

理由としては取引回数が自然と多くなるので、ポジポジ病になりやすい、[私はこれでポジポジ病になりました}

遊び感覚になりやすく、投資ということを忘れてしまいがち、

利益確定は早いのに、損を出している時に損切りできなくてそのまま退場に追い込まれてしまう。

知っていますか?FXで稼いでいる方はスキャルピングではなくスイングのほうが多いことに、これはきちんとトレンドに乗れた時に利益を伸ばしていけるからですね。

スキャルだけでずっと稼いでいる方は私からしたら、ただの天才です。

私が失敗したスキャルピングの手法はボリンジャーバンドを使った逆張りメインでした、まぁ見事に散りましたね。

ボリンジャーバンドは逆張り用のインジケーターではなく、トレンドに乗るためのインジケーターなので負けるのは当然ですね。

平均足の手法、失敗例


平均足での失敗ももちろんあります。少し勉強していくと必ず初心者の方は平均足に出会うと思います。

私が平均足に初めて出会った時は感動しましたね、絶対これで勝てるじゃないかと。

そもそも平均足はローソク足とは違い騙しが少なくなっているし、トレンドの転換を確認するのにも非常に便利なインジとなっています。

ローソク足とは違いなめらかなのが印象的です。

しかしこの平均足にも落とし穴があり、私は敗北してしまいます。

それは1分足での平均足では騙しが多い、

今思うと大きな時間軸でトレンドを見ながら、小さな時間軸で大きな時間軸の方向に転換したらエントリーで勝率はだいぶ上がるのですがそれすら知らずに

1つの時間軸だけを見て転換したなと思ったらエントリーを繰り返していきました。

これで私は20万円を5000円にしました。笑

今の私からしたらただ使いこなせていなかっただけですが、平均足でも失敗してしまいました。

損切りできなかった理由


初心者にありがちな損切りができない。私もそうでした。。

どうせ値は戻るだろうとか、損切りしてしまえば先ほど得た利益がなくなってしまうから損切りしたくないとか、

そういった気持ちがありましたね。

資金管理ができていなかった


資金管理の重要性に気づいたのはFXを始めてから5年近く経つ頃だったと思います。それまでは永遠と聖杯の手法を探したり研究したり、いろんなインジケーターの組み合わせを試す日々でしたね。

最初の資金に対しての取引量が大きければ大きいほど、損切りはできなくなりましたね。

これはなぜかというと気持ちに余裕がないからです。資金が少ないのに大きな取引量で損切りをしてしまうと、資金が10パーセント以上も減ってしまうような資金管理でしたね。

そんな状態では損切りが怖くてできないし、損切りしたとしても目に見えて資金が減ってしまうので、次の取引では絶対に勝たなくてはというプレッシャーからますます損切りができなくなっていきます。

今思うと本当にただの馬鹿だったなぁと思っています。

損切りできなくて資金が溶けて発狂した笑


おきまりの損切りができずに失敗してしまったのですが、一番ひどかったのが、明らかにトレンドとは逆のポジションを持っているのに損切りできずに1発退場を食らった時ですね。

もうバナナうんこぱくぱくもぐもぐ状態でしたね。

ただこれが言いたかっただけです。

損切り設定をしても損切りされそうになると設定をずらしてしまう


損切りが自分ではできないので、エントリーと同時に損切り設定も同時にするようにしました。

これならエントリーして、損切り設定しておけば放置していても良いしあわよくば気づいたら100pipusゲットしていた、

とかならないかなと思っていました。でも自分の心の弱さが勝ってしまいチャート画面から離れることはそれでもできませんでしたね。

少し損切り設定の近くに値が来れば、急いで損切り設定の値幅を変えて損切りされないようにしてしまったりしていましたね。

完全にダメダメな初心者ですね。

まとめ

初心者の方でどうしてもデイトレではうまくいかないという方は、そもそも私みたいにデイトレに向いていないと言えます。

私の性格上、何かをしていないとお金を稼いでいける気がしないので無駄なトレードがどうしても増えてしまうのです。

デイトレの手法は捨てて、少し長めのスイングに移行してみたら作業量が少なくなったのに、資金は増えているということもありますよ。

私みたいなFXに向いていない人間でも今では稼げるようになったので、どーか初心者の方も頑張って諦めずにFXには善で行って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)