FXで稼ぐことは悪いことですか?誰かが損してるなんて正直知ったことっちゃないよ

FXを始めてから10年がたち、総額で大きくプラスになっていますが私がFXで稼ぐことによって誰かがその分マイナスになっているとも言えます。

タイトルにも書いていますが、そんなことはっきり言って気にしたことはありません。

そこを気にして罪悪感を覚える人は偽善者か聖人君主ぐらいなものかと思います。

FXはマネーゲームです。

お金でお金を奪い合っている場所です。FXで簡単に稼げると認識してFXをやり始めた方は甘いの一言だと言えます。

FXで簡単にお金を稼げるということの代償に、お金を簡単に失ってしまうということに気づかなくてはいけません。

動きが大きく予想だにしなかった相場の次の日には、電車が止まる確率が高いです。

そんな時にでさえ罪悪感は生まれません。

昔に一度、そんなに稼いで他の人が損をしていることに罪悪感はないのかと聞かれたことがありまして。

それを思い出してこの記事を書いています。

私が見しらぬ人の金を奪うこともあるが、その逆もあるということだし、私が損をして他の人が稼いだとしてもその人は何にも思わないよと言った覚えがあります。

よく社会的には、FXで稼いでいることに対しては冷たい時期がありました。

なぜなら楽をして人のお金を奪うゲームだという認識が強いからです。

私からしたらこんなに辛いお金稼ぎはないと思っています。

かなり精神論になりますが、これはFXを本気で取り組んだことがある人にしかわからないことでしょうね。

話が逸れましたが、FXで稼ぐことは悪いことではありません。生産性も何にもないですが、世界の為替を動かしている歯車として誇りさえ持っていいと言えます。

一生どこかの企業に依存し何にも目標なく、毎月決まった給料をもらうよりかは私はFXに時間を捧げた方が有効的だと考えています。

FXは戦場です。敵が倒れようが知ったこっちゃないです。自分が生き残るのに必死です。

ですが同じ日本人として少しでもFX初心者が倒れないようにこのブログを始めましたし、これからも続けていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)