FX 時間帯でわかる相場の特徴

このグラフでわかる通りそれぞれの国で為替の市場が開いている時間は違います。

重なっている時間がそれぞれの国でたくさんありますが、主に気に留めておくのは3つで良いです。

それは日本時間の8時からと

欧州の16時から、そしてアメリカ時間の21時からです。

この3つの時間の相場の動きの特徴的な動き方と、その時間軸に合った、有効な取引の仕方を解説していこうと思います。

日本時間はダラダラ


アジアの為替取引の時間です。市場は8時からですが相場の方向が決まるのが9時から10時になることが多いです。

この日本時間での相場の値動きは大きくありません、一度決まったトレンドの方向にいくことが多いのに加え、小さな波を形成しながらトレンドの方向にいくことが多いと言えます。

ここで有効な取引を考えてみたいと思います。

たまに日本時間はレンジ相場が多いのでスキャルピングが有効とありますが、値幅が小さいのでなかなか稼ぎづらいと言えます。

なので私がやっていたやり方としては、10時まで様子見をして相場が行きたがっている方にポジションを持ち12時で決済をするというやり方です。

12時からは、トレンドが変わったり、値幅の小さなレンジになるため取引はしませんでした。

 

流れが大きく変わる欧州時間


16時になると欧州の市場が開きます。ユーロの通貨が活発に動き出します。

感覚としては17時から値幅が大きくなってきます。この欧州時間の相場の特徴として、新しいトレンドが発生しやすいです。そして素直にそのトレンドの方向に動いていくことが多いと言えます。

前日のニューヨーク時間や、東京時間の高値、安値のストップを狩りに行くことが多いです。

私的にはこの欧州時間が一番取引時間としては好きです。なぜなら一番稼ぎやすいからです。

チャートを見ていると強いトレンドが現れます。その方向にエントリーし21時までに決済するか、前日の高値・安値を超えたら決済でOKです。

なぜ21時に決済をするのかというと、アメリカ時間と重なるためです。

駆け引きが始まるアメリカ時間


この時間は私からいうと初心者には向いていない時間です。ですがFXの宣伝にはサラリーマンなどはこの時間が取引できる時間となっているために、この時間をオススメしていると思います。

このアメリカ時間は重要な指標発表や大きな資金を持つ投資家が動くため、相場の動きが大きく、トレンドも行ったり来たりしがちです。

さらに欧州勢とも重なっているため、アメリカ勢と欧州勢のやり合いがあります。

FX初心者で資金も少ない方は子な動きに翻弄されて、簡単に損を出してしまいます。

この時間で有効な取引は細かな取引のスキャルピングをしながら、指標発表は避けることを初心者の方にはオススメします。

まとめ

FXでは時間軸に応じて取引の手法を変えたりしなければ勝ち続けることは不可能と言えます。

毎日チャートを見ていると、同じ時間に同じ動きがあったりもします。そこを見つけると、それだけを狙って取引をすることも面白いです。

FXで時間軸を考えることは初心者を抜ける1歩目だと言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)