レバレッジって何の意味があるのか解説するよ。FX 始めたい人のために

FX で借金が何千万になってしまった。とかよく聞くし、

FX で大損こいた人たちの悲痛な叫びをまとめた、まとめ記事なんかもあり。結構FX って恐ろしいイメージですよね。

FX をまだ全然知らたい方からしたら、そーとうやばいギャンブルだと勘違いしてる方が大半だと思います。

そんな恐ろしいイメージのFX 。実はギャンブル性を高くしてしまっているのが、レバレッジというものです。

レバレッジとは

レバレッジとは「テコ」という意味です。

テコの原理で、少ない資金でも大きな取引を可能にしたのがFX です。

レバレッジによって大勢の方が参加できるようになりました。

レバレッジで例えば1通貨単位で1ドル100円だとします。

これを1000通貨単位で取引しようとすると、10万円必要になります。

ですが、1000通貨の取引では、1円の変動で、1000円しか儲かりません。

そこで1万通貨の取引では、1円の変動で1万円儲かりますが、

必要な資金が100万円かかります。

そこでレバレッジを利用するとこうなります。


10万円の資金しかなくても、レバレッジ25倍を利用すれば、250万円の資金と同じ取引ができます。

レバレッジ25倍は初心者には危険


レバレッジ25倍で資金少額で取引をすると、すぐに退場になる確率が高いです。

例えば資金5万円から始めて、25倍の取引をしたとすると、125万円の資金力になりますが、

ここで1ドル100円の通貨を1万通貨で取引する場合、資金は100万円かかりますよね?

ですが、本当の資金が5万円なので、

5円の変動で5万円儲かるか、損をするかなのです。

実際に5円も1日で変動することは殆どありませんが、損を積み重ねるのがあたりまえの初心者は、5円分の変動の損などあっというまです。

ちなみに日本の業者でのレバレッジの最高は現在では25倍です。

レバレッジを上手く使わなければ、ただのギャンブルになってしまう。


レバレッジは使い方次第では少ない資金では大きく稼ぐこともできますが、逆もまた然りです。

冒頭でも書きましたが、FX で借金数千万などかかえてしまうのは、レバレッジで高額な取引をしている場合です。

資金がマイナスにならないように、普通はストップロスなど設定しとくのですが、

ストップロス設定を忘れていたり、

そのストップロスを設定していても

値動きが激しいときはストップロス設定の数値を飛ばして、マイナスを出し続けます。

経済の崩壊など、突然やってくる暴落など、プロでも予想できないことなのです。

なのでプロはそのような暴落などが起こっても大丈夫な取引しかしていません。

資金管理の重要性ですね。

FX がギャンブルだと思っているうちは、FX では稼げません。

FX は投資です。

レバレッジのメリット



レバレッジの使い方としては、少ない資金でいっきに稼ぎ、

そこから資金管理重視の取引をすればよいのです。

私の場合、海外のFX 業者で400倍の取引を5万円の資金でやり続けていました。

もちろん何度も5万円を溶かしましたが、

1度うまく取引が続くと200万円まで増やすことができました。

そこから安全な取引量で、取引をしていったのです。

ですが初心者は資金を溶かすまでレバレッジを全力で使ってしまいます。

必ずどこかで損を出すときがくるので、そこでまた退場になってしまいます。

少ない資金で何度もチャレンジして、1度の成功から、地道な投資に変化させるのです。

ギャンブルから投資に変化させなければ、一生お金を奪われるだけの養分です。


安心安全なFX 業者を選びましょう。

ロスカットやストップロスが今では普通にありますが、業者によってストップロス設定がされてなかったり、ロスカットがされなかったりという可能性も十分あるので、

口座開設には慎重になりましょう。


まとめ

レバレッジには、夢も見れますが、地獄も見れます。

初心者には2倍ぐらいのレバレッジがオススメですが、

私みたいに、いっきにたまたま稼ぎ

そこから慎重な取引に移行するのもオススメです。

FXのレバレッジ1倍での「メリット、デメリット」。解説ブログ読んだが解説が長いので、簡単にまとめるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)